知名度が高い=信用が高いではない - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

阪本 貴洋
有限会社NOW 代表取締役
リフォームコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

知名度が高い=信用が高いではない

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
誰も語らないリフォーム業界の本当にある話 取り扱い注意!の7ヶ条!!

資本力があれば知名度は上げれる


ガンガンCMを打ちます。
バンバン広告もまきます。

認知度が上がっていきますと、人の心理は、
【聞いたことあるな】
    ↓
【おぉ知ってる】
    ↓
知っている=有名=変な事しない=安心
という方程式を勝手に作ります。

こんなことがありました。
おなじ日に某大手企業系列のおなじ会社と違う現場で
2回見積をやりあいました。(この表現もちょっとおかしいですが・・苦笑)

結果・・・

2戦2KOまけ(T0T)

「なに?負けたの!?」という声やら、
「だからどうしたの?」という声が聞こえてきそうです^^;

お話は、最後まで聞いていただいてからということで・・

1件目は、業者からの依頼でおうかがい。
またケチ・・・いえいえ頑固そうな方で、

「ここ工事したらナンボ?」といきなりきたので、
いろいろと見てから「○○円です」と見積をだすと、

「話にならん。さっき某大手企業さん●●円やで。」

【えっ?工事原価割ってるやん・・・大手は仕入れが安いのかな・・】

とあれやこれやと反省しながら・・
昼からの2件目に。
感じの良いおじいさんとおばあさんが、

「某大手企業さんでええのに息子が、近所でも見積とりなさいというから・・・。」

【えぇっ?2件連続で対決・・めずらしい、でもさっき負けたから頑張ろう】

と気負いつつボリュームもあるので事務所に持ち帰り、
日を改めて再度、訪問。

わたし  : 「いかがでしょう・・・質問などございますでしょうか?」

施主様 : 「あなたどこかの工事と間違えてない?」

わたし  : 「いえ。おうかがいしたグレードの器具と施工内容ですが・・・?」

施主様 : 「安すぎるのでキチンと施工していただけるかが恐くなります。
        やっぱり某大手企業さんに頼みましょう」

【えぇぇぇっ?安すぎるって!?】

瞬間、わたしの頭にこの名言は、インプットされました。

安すぎて怖い


これも一つの心理でしょうから、勉強になりました。
それでも見せた見積金額は、私の会社で5%ほどの利益がありました。
なのに「安すぎる」と言われたので

「後学の為に先方は、おいくらだったのですか?」と尋ねると快く、
「○○○万円ですよ」


・・

・・・・

えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇッッ!倍以上やんッッ!?

わたし  : 「あの・・・高くないですか?」
施主様 : 「これくらいかかるでしょう。安くても仕事できないこともあるのですよ」

もうすでに負け犬が何を言ってもムダです(T ^ T)

後々、うるさそうな人には、安く
うるさくなさそうな人(余程のことがない工事がどうとか限り調べません)には高く

本当?ってなるけど、本当のおはなし。。。