自動車事故にあったら - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自動車事故にあったら

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
損害保険

自動車事故にあったら



事故の際の初期対応に間違ったことがあると、大変なことになりかねません。

なんでもそうですが始めが肝心。

ぶつかったらまず直ぐに車を端に寄せましょう。

たまに現場保存をしなければならないと思ってぶつかった場所から車を動かさない方が良いと誤解をしている方がいますが、死亡事故のように大きな事故でなければそんな必要はございません。

二次災害が発生しないようにすぐ端へよけましょう。

近くに事故の状況を見ていた人がいたら、証人として名前や連絡先を直ぐに控えましょう。

示談の際に非常に助かることも良くあります。

警察を呼ぶ
加害運転者には道路交通法によって警察へ事故の報告が義務付けられております。
人身事故の場合は特に保険金請求時に人身事故証明書が、後日必要書類となりますので警察に連絡をしましょう。
警察を呼ばなかった為に後日被害者から、「事故の時トランクに高級なつぼが入ってた」とか「事故以外の場所も直せ」と脅されないためにも!

発生日時・現場住所・相手の名前・相手の住所・相手の連絡先・相手の車のナンバー・現場の見取り図(一時停止の標識や信号なども確認)を控え保険会社にはすぐに連絡を致しましょう。

病院へ行く
たいしたことはないと思っても、後で体が痛くなることは本当に有ります。
こんなことにならないように病院で診断を受けておきましょう。
もちろん相手にも同じことが言えます。




こちらをどうぞ↓
保険業界で頑張る社長のblog

ファイナンシャルプランナー 森 和彦