みんな注目!TVの行方 #5 - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

山藤 惠三
有限会社エスオープランニング 代表取締役 クリエイティブディレクター
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

みんな注目!TVの行方 #5

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
メディアと映画、ずっと楽しい関係。 TVの行方、これからのテレビは?
やっと梅雨らしい天気になってきました。
先日、近所の神社に行ったら、キレイなアジサイに出会いました、
深い青い色に一瞬、心がなごみました。

こんにちは、山藤(サンドウ)です。

人気シリーズ、TVの行方、これからのテレビは?として、コラムシリーズを書いています。

今回は、TV広告の未来系?


として、広告の王様であったテレビCMが今後どのようになってゆくかを考えてみます。

2011年7月に、TVのアナログ放送は終了し、デジタル放送に移行します。
果たして大きなトラブルもなく完全移行できるのでしょうか?

TV業界関係者にとっては大きな問題です。



世界では、着々とアナログ放送が終了して、デジタル放送に移行しています。
アメリカでは、6月にデジタル放送に完全移行するタイミングです。

日本の場合、全国のTVは、およそ1億台といわれていますが、


これが全てデジタル対応機に変わるのです。
逆に言えば、今のアナログテレビは、2011年以降、見れなくなってしまうのです、

昨年後半より、大分PRが浸透しつつありますが、大きな問題です。

あの、スマップの草薙くん事件?でも、イメージキャラクターが問題を起こしたとかで、
逆に、総務省の鳩山邦夫大臣の発言のほうが問題化したのも?記憶に新しいところです。

今はすっかり「チデジカ」くんが何も無かったかのように宣伝しています。

それから、テレビを取り巻くもう一つの問題は、

広告売上高の問題です。



経済産業省が発表した「広告業統計」では、

新聞 -13.6% DOWN
テレビ -6.5% DOWN
ネット +15.1% UP


新聞広告が減少しているだけでなく、テレビ広告も減少しているのです。



原因の一つは、HDDレコーダーの普及により、ある統計では、
ユーザーの4人に1人は、CMをすべて飛ばして見ている。
2人に1人は、CMをスキップしている。
という結果が出ています。

野村総研、調査データ(2005年)

新聞広告、テレビ広告が減少している変わりに、ネット広告が伸びています。

現在の伸び率では、

2013年には、テレビの市場規模である、2兆円を抜き、


広告市場で最大のシェアを占めると試算しております。

つづく。

参考資料: 佐藤卓己 NTT出版 昭和の思い出、テレビ的教養