金井壽宏 (2005) 『リーダーシップ入門』 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

最上 雄太
株式会社イデアス 取締役CEO
東京都
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

金井壽宏 (2005) 『リーダーシップ入門』

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
セルフコンセプト・コラム セルフコンセプトの種(タネ)
リーダーシップ関連の本で何が一番よいですか?
とよく聞かれます。
私は、迷わずこの一冊をお勧めしています。

私の意見ですが、日本語で書いてあるこれ以上のリーダーシップの
テキストは無いと考えています。
ビジネスでリーダーシップを発揮したいと考えている人から、
リーダーシップの研究をやっていきたい人まで、幅広くフォローできる
「究極の1冊」です。

金井壽宏氏は神戸大学大学院で教鞭を取る日本のリーダーシップ研究の
第一人者です。私はこの本をぼろぼろになるまで読み返しています。


------------------------------------------------------------
▼ 厳選アンダーライン ▼
------------------------------------------------------------


内省的実践家とは、自分がうまくできつつあることについて、
どうすればうまくできるかを語れるひと、実践しながら内省し、
内省して見出したことを実践に生かせる人だ。(p.55)

リーダーシップとは、リーダーとフォロアーのやりとりのなかから、
インタラクティブかつダイナミックに帰属されていく過程なのだ。(p.63)

信頼性(credibility)なしに、リーダーシップはないという捉え方
は、リーダーシップの定義に直結した基本中の基本の命題として、
認めざるをえないのではないだろうか。(p.67)

「後ろを振り返ると喜んでついてきてくれるフォロアーがいること」
というリーダーシップの存在を問う第一の基準は、換言すればリーダー
たる人物の信頼性を照射しているのである。(p.105)

どんなに優れた価値や使命を体現したリーダーでも、
ひとびとのコミットメントを引き出せない限り、ミッション型も
「笛ふけど踊らず」になってしまう。(p.261)



そのほか、最上雄太が本の紹介をしてます。
 
 ▼多摩大学総合研究所研究員としてののブログ
 ⇒セルフコンセプトの種(タネ)書評ブログはこちらから



その人に必要なマインドを引き出し、「ぶれない軸」を作ります
株式会社イデアス 取締役CEO/研修講師 最上雄太