作ったら、できてしまうかもしれない罠 - システム開発・導入全般 - 専門家プロファイル

杉山 淳子
株式会社アイロベックス 
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:システム開発・導入

清水 圭一
清水 圭一
(IT経営コンサルタント)
井上 みやび子
井上 みやび子
(Webエンジニア)
清水 圭一
(IT経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

作ったら、できてしまうかもしれない罠

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. システム開発・導入
  3. システム開発・導入全般
かしこい客になる方法

プロジェクトの成功には、クライアントサイドの主体的な意思、意識といったものが不可欠です。
しかし、ときにこれが悪作用を及ぼす場合もあるということに注意しましょう。

 ・他の人よりも、コンピュータに詳しいからという理由でシステム開発の責任者になった人
 ・細かなところにこだわって、金が掛かってもいいから自分の思い通りにしたいと思っている社長
 ・やる気に満ち溢れていて、絶対に良いシステムを作るんだという意気込みの担当者

などなど、担当者にやる気、意欲があればあるほど、実際には逆に作用することもあるのです。

それは、どうしてでしょうか?
システム開発においても、あらゆるプロジェクトにおいても、優先順位、最重要事項ということを考えるべきなのです。

ところが、こういった「やる気にあふれた」担当者は、あれも、これもしたい、と考えます。
そして、自分の思いをかけた、ある一部分に執着したりするのです。

これが、ちょうど最重要事項であれば問題ないはずなのですが・・・えてして枝葉の部分であったりするから、余計にまずかったりするのです。

その上、システム開発を請け負う側の担当者が「能力が高く真面目な人間」であったりすると、まずいのです。

 作ったら、できてしまうこと。

システム開発の要件というのは、大なり小なり、ほとんどのことがこれなのです。

 作ろうと思ったら出来てしまう。

しかしそこには、時間・金・運用する人、という観念が抜けているのです。

本当に動くシステムというのは、

 ・作る時間も莫大にかからない
 ・金もそんなにかからない
 ・運用も楽にできる

というものなのです。

こういう担当者とうまくやって、システム開発を成功に導くためには、人間的信頼関係を築くことが絶対に必要です。