いわゆる「営業トーク」は信頼を失う - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

最上 雄太
株式会社イデアス 取締役CEO
東京都
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

いわゆる「営業トーク」は信頼を失う

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
セルフコンセプト・コラム ラポールの秘訣
先日のことです。


弊社にWEB広告関連の営業マンが、商品の説明にやってきました。

32〜3歳位の、身なりはしっかりとした営業マン。


説明をしている内容や、言葉づかいはよく出来たものです。
彼は、私の目をまっすぐ見ながら商品の説明をしています。



 ●営業マン:当社の商品はこのような構成になっています!

 ○最上の反応(心理):「なるほどなるほど・・」
              ↑ ↑
           (まずは聞いてみようかな・・)



私はこの営業マンが、営業マニュアルに従ってそのまま話している
ことがすぐわかりました。

こちらの反応や質問にあわせて、用意されている言葉を話している
ことが、アリアリと感じられたからです。



 ●営業マン:私どもは、お客様の立場で考えるようにしています!

 ○最上の反応(心理):「へーそうなんですか〜」
              ↑ ↑
            (でも、なんか説得力ないよね!)


すべての言葉が、いわゆる「営業トーク」に聞こえててしまいます。

一通り商品の説明が終わり、彼の決めの言葉がこんな感じ↓



 ●営業マン:「まごころ込めてお付き合いさせていただきます!」

 ○最上の反応(心理):「・・・。」
             ↑ ↑
            (まごころですか?(笑))



私は「検討します」と伝えましたが、
この営業マンからは何も買いたくないと感じました・・残念!



 いくら言葉は良くても、商品が優秀でも、
 気持ちの入っていない人は信用できないからです。

 そして、

 心のない言葉や、態度ってすぐわかるものです!
 
 そんな経験ってありませんか???



その人に必要なマインドを引き出し、「ぶれない軸」を作ります
株式会社イデアス 取締役CEO/研修講師 最上雄太