ラポールとは気持ちの通じる架け橋 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

最上 雄太
株式会社イデアス 取締役CEO
東京都
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
越智 昌彦
(研修講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ラポールとは気持ちの通じる架け橋

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
セルフコンセプト・コラム ラポールの秘訣
今回はラポールという話をいたします。


ラポールという言葉を聞いたことがありますか?


------------------------------------------------------------

 ラポールとは、

 ⇒ 自分と相手の相互信頼関係のこと。信頼できる状態。
  
------------------------------------------------------------


ラポールは、心理関連の用語として比較的幅広く使われています。

親近感を持ち、安心できる状態のことです。


相手と自分に架け橋をかけるという意味のフランス語(rapport)が
語源になっています。


信頼できる家族や友人と一緒の時など、
本心をお互いに打ち明けられる関係ができあがっているときに、

 ラポールが築かれている。

 ↑↑などと表現します。

 相手と自分に、気持ちの通じる架け橋がかかる。


そんな状態です。


どなたでも、どこかで、ラポールを体験していることだと思います。


ラポールという気持ちの架け橋がかかると

その人と一緒にいることが気持ちよく感じられ

自分をオープンにして接したいと思えるようになります。



その人に必要なマインドを引き出し、「ぶれない軸」を作ります
株式会社イデアス 取締役CEO/研修講師 最上雄太