会社のために働くのは? - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

須藤 利究
有限会社RIKYU・コンサルティング 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会社のために働くのは?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
金融時事話
中小企業は「社長」が走り続けなければ会社は止まってしまいます。

会社のために働いているのは、そう社長だけ(
_

「社員もそうだろう」 社長の反論ごもっとも しかし…

社員は「自分の生活のため」に、また生活の質を高めるために
働いていると言うと言い過ぎでしょうか?

そうです。本に出てくるような会社は相当な期間を掛けて、
社長が並々ならぬ努力や想いの結果、手本になるような会社になった訳で、
手本になるような会社目指しながらも、足元も常に見続けなければいけない。
社長という職業は大変です。

今のように景気が悪いと出来ない理由で悩みがちですが、それよりも
挑戦の心を忘れず、とにかく現場に今の倍以上出て見ましょう。
「百聞は一見にしかず」ではありませんが、すべきことや問題点を
発見するかもしれません。中小企業の大半は社長と社員の距離はいらない
と思います。フランクになんでも話せる社長の方がいいでしょうし、
何よりも自分たちのことに関心を持っていてくれるという親近感が
信頼感につながると思います。

待っていても、「お金は降ってきません。」
自分の足で知恵で獲得するしかないのです。