IT経営(IT活用)の条件 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

坂田 岳史
有限会社ダイコンサルティング 代表取締役 IT経営コンサルタント
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

IT経営(IT活用)の条件

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
ITコンサル日記
こんにちは、IT経営コンサルタントの坂田です。
今日は、IT経営成功の条件についてお話します。
尚、このコラムは、私が発行しているメルマガ「さかやんのコンサル日記」から抜粋してお送りしています。
http://archive.mag2.com/0000116110/index.html
---------------------------------------------------------------------------------
ある会社のIT活用コンサルをやっています。
以前のメルマガで、企業のIT活用にはCIO的人材が社内に必要と書きました。これはその通りだと思っています。つまり会社の中に自社の業務とITの両方に精通している人材がいないとIT活用ができないということです。

しかし、実はこのような人材がいるだけではダメなのです。もう1つ必要なものがあります。
それは「権限です」。社内のIT化を促進するためには、お金がかかります。人も動かす必要があります。さらに業務のやり方なども変える必要があります。このようなことをするためには、社内を資源を動かすための権限が必要です。CIOとは本来、役員クラスの人材です。

これは社内的な権限があることを意味します。本来CIOとは自社の業務とITに精通する他に、IT化のために社内資源を動かす権限を持つ人材なのです。

中小企業の場合、社長がCIOになるケースがあります(この場合は、CIOの条件を満たしている)。

また、取締役クラスの方がCIOとして活躍するケースもあります。
(この場合、取締役クラスの方自身に権限がある)

さらに、一般の担当者がCIOの役割をするケースもあります。
(これは社長さんの指示で動くので、本人には権限ないが社長の権限でうごける)

いずれにしても、IT化を成功させるためには、自社業務とITに精通しており、社内的な権限が必要なのです。

今日の一言
「IT活用では権限を与えろ」

************************************


有限会社ダイコンサルティング
中小企業診断士
ITコーディネータ・ITCインストラクタ
坂田岳史(近畿経済産業局認定 ベストITサポータ)
sakayan@daiconn.co.jp
http://www.daiconn.co.jp
------------------------------------
私の理念
「一期一会」その瞬間を大切にします。

************************************