アルバイト医師の急増と医療環境の変質(1) - 心の不安・性格改善全般 - 専門家プロファイル

東京都
医師
03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アルバイト医師の急増と医療環境の変質(1)

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 心の不安・性格改善全般
 非常勤医師の募集をネットなどに出している業者は、実にたくさんあります。僕が確認しただけで10社以上あり、ある調査では数十社に及ぶそうです。それぞれの業者を通じて、全国の病院・医院から、夥しい数の各種の求人が常時出されています。特に3連休前後や年末年始には、求人のオンパレードです。

 僕が非常勤の求職の応募をしている会社の担当コンサルタントとは、詳しい職務条件や求人情報を話し合ったほか、こまめに情報をくださり、本当に親切にしていただいています。病院に面接に行く時にも同行して、病院の事務長との折衝に当たってくれることもありました。この会社では人材派遣だけでなく、開業コンサルティングや医療施設経営などを幅広く展開しています。

 このような「非常勤」の雇用形態が最近、急増しているそうです。つまり、特定の病院や医院に常勤で勤務せず、こういう業者を通じた求人に応募して、週何回かのアルバイト勤務をするのです。その求人を出す病院・医院も増えているし、求職する医師も増えています。医療版の非正社員と言えますね。

 そうしたアルバイト勤務で生計を立てる医師は、自分の働きたい曜日に、働きたい時間だけ働きます。当直の求人もあり、それに応募する医師もいますが、徹夜の仕事を嫌う医師は、日中の業務(外来など)の求人だけに応募します。何をどれだけやるか、全く自由なのです。一定期間休職し、海外でバカンスを楽しむ、などという医師もいます。

 非常勤医師は身分的には確かに不安定ですが、意にそぐわない転勤はなく、大学や病院の方針に振り回されることもありません。意外なことに、収入は驚くほど良いのです。週2〜3回程度の出勤でも生計は立てられるほか、毎日のように頑張れば、病院勤務医の2〜3倍も稼ぐことが可能です。要するに「時間単価」が常勤に比べて2〜3倍かそれ以上高額なのです。

 昨年の週刊誌に「急増する非常勤医」という趣旨の特集が出ていました。それによると、上記のような非常勤の医師が急増している背景には、医師の職業観の変化と、医師の雇用環境の変化、病院経営の変質など、複雑な要因があるようです。

 一昔前は、医師というのは寝る暇も惜しんで患者のために働く、というのが美徳とされてきました。実態はともかく、そのような医師の姿を賞賛するような文化もありました。それのよって、医師は辛い業務を何とかこなせてきたともいえます。ところが近年は、医療不信や医療訴訟の増加などもあり、医師を取り巻く環境は悪化してきています。

 そのような状況では、医師は寝る暇を惜しんで働く、というモチベーションがなかなか上がりません。他の職業もそうですが、若い世代を中心に、会社(病院)よりも自分の価値観や時間を大切にする、という人間が増えてきている、といえます。つまり淡々と卒なく業務をこなし、夕方はさっさと帰宅してアフターファイブを楽しむ、というライフスタイルです・・(続く)
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 医師)

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

病気を治したり予防するにあたり、いちばん大切なのは、ご本人の自然治癒力です。メンタルヘルスを軸に、食生活の改善、体温の維持・細胞活性化などのアプローチを複合的に組み合わせて自然治癒力を向上させ、心と身体の両方の健康状態を回復へと導きます。

03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。