小さなキッチンの大きな可能性(5) - 住宅設備全般 - 専門家プロファイル

近藤 壯一郎
台所計画工房 キッチンスペシャリスト
神奈川県
リフォームコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

小さなキッチンの大きな可能性(5)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 住宅設備全般
たかがキッチン、されどキッチン
すべてのスモールキッチンで「収納スペースの少なさ」は常について回る問題である。

当然狭いキッチンなのだから収納量は限られるのだが、だからといってあいている壁面をウォールキャビネットで埋め尽くすというのはいただけない。

圧迫感が生まれて狭いキッチンを余計狭く感じさせてしまう。

ではどうすれば良いか?



その前に、収納スペースが本当に足りないのかどうかチェックしてみよう。

例えば、年に一度しか使わないようなものまでキッチンキャビネットに大事にしまいこんでいないだろうか?

ほかにも不要なものがあるかもしれない。

「お気に入り」のアイテムじゃなくなったり、新しいものと取り替えたりして使わなくなった食器や調理器具とか、賞味期限がとっくに過ぎてしまっている食品とか、調べてみる案外出てくるものだ。

そういう、日々のキッチンワークに必要でないものたちはキッチンから退場してもらい、収納しなければならないものの量を全体的に減らすことができれば、収納スペースが足りないという問題もクリアできるのではないか。



その上で、冒頭の問いに対する答えだが、狭いキッチンで圧迫感のあるウォールキャビネットをなるべく付けないようにするのなら、一つの方法として「見せる」収納を上手に活用するということがあげられる。

オープンシェルフに「飾り」も兼ねて置いたり、ハンガーレールに吊るしたりすることができるアイテムを充実させればインテリアとしても面白いと思う。



「収納」の問題はアイディアや工夫次第で解決できるので、雑誌やインターネットなどでいろいろな例を見て、研究することをおすすめしたい。