米国のガン死・心臓病死を減らした食事法とは?(1) - 心の不安・性格改善全般 - 専門家プロファイル

東京都
医師
03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

米国のガン死・心臓病死を減らした食事法とは?(1)

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 心の不安・性格改善全般
日米など世界中で食品や栄養、健康法に関する指導や講演活動を精力的に行なっている日本人に、松田麻美子氏という方がいらっしゃいます。この方は米政府や米国医師会、消費者団体などと連携して、米国人の食生活を根本的に改善する活動を広く展開した結果、がんの死亡率がついに減少に転じたほか、心臓病のそれも減少に向かいつつあるそうです。「50代からの超健康革命」など著書は多く、日本に於いてもその影響力は広まりつつあります。

松田氏は、いつもは米国のヒューストンに滞在しており、日本には年2回くらいしか来ないそうですが、昨年は10月に来日し、千葉県・印西市と東京での講演を聴講しました。印西市での講演会は主催者である知人に呼ばれて行ったのですが、演台の横に新鮮な野菜や果物が山ほど積み上げられており、それらをネタにしてのお話でした。氏は華奢な体格ながらここ20年以上、風邪一つひいたことがないといい、また日米の時差がきつい中でも、非常にバイタリティーあふれる講演を聴かせていただきました。

氏の主宰する「超健康革命の会」には医療関係者を含む多くの方が会員登録をしており、セミナー活動や会報誌の発行などの活動を展開しています。今回私も、松田氏の推薦で入会させていただきました。米国のみならず、日本に於いても正しい健康情報を国民に普及し、病気にならないような本物の健康を手に入れてほしい・・という願いから生まれた会です。グスコー出版という中堅の出版社の佐藤社長が事務局を兼務し、松田氏が日本に不在の間はその窓口を務めておられます。

松田氏自身、20台の頃はたいへん不健康で、子宮筋腫のため子宮を手術で失うなど、多くの辛酸をなめたと著書で述べています。食生活はめちゃくちゃで、あらゆるダイエット法を試みるものの失敗し、精神的にもダメージを受け、体調的にも最悪でした。それが30台以降、米国生まれの健康法である「ナチュラル・ハイジーン」に出会い、一変して健康な体と心に生まれ変わったと述懐しています。それ以来病気は全くせず、世界中を元気に飛び回り、精神的にもたいへんタフな毎日を送っています・・(続く)
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 医師)

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

病気を治したり予防するにあたり、いちばん大切なのは、ご本人の自然治癒力です。メンタルヘルスを軸に、食生活の改善、体温の維持・細胞活性化などのアプローチを複合的に組み合わせて自然治癒力を向上させ、心と身体の両方の健康状態を回復へと導きます。

03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。