消費者契約法の問題点と課題 - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

近藤 総一
雫行政書士法務事務所 
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

消費者契約法の問題点と課題

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
雑記帳
消費者を保護する法律として、
特定商取引に関する法律(特定商取引法)や、消費者契約法がありますが、
最近では、消費者取引の多様化、複雑化や、事業者の行為の悪質化、巧妙化がすすみ、
消費者の保護が困難となる事例が目立ってきているそうです。

そのような中、2007年3月22日に、国民生活センターより、
消費生活相談の事例から見た消費者契約法の問題点と課題(中間整理)
が公表されました。

その中には…

・電話勧誘で、3年前から次々に教材(総額70万円)を購入した。
 断っても何度も職場に電話があり、「私のため」「今回限り」などと
 しつこく言われたため契約してしまった。

・3年前、結婚相手紹介サービスの会員(30万円)になったが、
 結婚に至らず終了した。
 雑誌広告には多数の異性会員がいると書いてあったが、
 実際には少ないようだ。会員数が事実かどうか知りたい。

・インターネット・オークションで、個人から箪笥(10万円)を購入した。
 けやきの箪笥だから重いですよと言われ、総けやきだと思ったが
 合板の安物だった。

等の事例が載っています。

皆さんも、どうぞお気をつけください。