草食系男子を攻略したい貴女へ4 - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
上前 拓也
上前 拓也
(パーソナルコーチ)
中川 淳一郎
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

草食系男子を攻略したい貴女へ4

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング

草食系男子を攻略したい貴女へ



 恋愛セラピストあづまです。こんにちは。
 今日は最終回。まとめます。

原因別の対策(続き)



4.実際に、男性がガツガツしなくてすむ状況がある



 私はこの理由は、見せかけだと思っています。
 本当の理由は上の1〜3の中にあると考えているのです。

 それに、もし本当にこれが理由で、彼があまり欲のない男性なのだとしたら、対処のしようがないじゃないですか。欲がないのなら、行動を起こさせることもできないですし、現状で満たされていて、変化する必要がないのなら、そのままでいることが幸せですから。

 但し、本人も「欲がない」と感じていても、心理学的には「抑圧」と言われる、欲を飲み込んでフタをしてしまった状態というのも存在します。我慢している感じではなく、もうあきらめて、脱力した状態という方がぴったりだと思います。

 その状態の場合、身近にいい女をつかまえて調子に乗っている男友達がいたり、結婚してますますパワーアップした同僚がいたりすると、うらやましくなってきます。(本当に欲がないのなら、そこで何も感じないはずなのです)。こうした、自分より幸せな状況を見てうらやましさ、嫉妬心を感じるというのも、モチベーションを上げる意味では効果があります。

 彼を連れ出して、(意図が見破られるといやらしいと思われますから)さりげなく幸せなカップルと会わせてみるというのも、効果があるかもしれませんね。考えてみると結婚式二次会で出会うとカップルが成立しやすいと言われるのも、うらやましいと思うと恋愛・結婚へのモチベーションが上がるからなのでしょうね。


5.もっと怖れていることがある(お金、出世、女性etc.)



 この場合、あなたができることは、「私(女性)はあなた(草食系男子)を責めないよ」という有言、無言のメッセージを送り続けることでしょう。私も経験がありますが、お金を稼げなくなることの不安がずっとあって、それをずっと掘り下げていったら、結局「奥さんの悲しい顔を見たくない」ということが根本の動機だったのです。

 今も相変わらずお金を稼げなくなることの不安はありますが、少なくとも奥さんはそのことで私を責めたりしないことが分かって以来、不安はずいぶん軽くなりました。
 だから、この場合あなたにできることは次の2つです。
(1) 本質的にはそれは彼の課題なので、黙って見守る
(2) 但し、彼が失敗しても「私はあなたを責めないよ」という有言、無言のメッセージを伝える



結局、大事なこと



 草食系男子を攻略するために、結局大事なことは、まず自分の心と向き合うことです。
何か怖れを抱いていて、そのおとなしい彼を選んでいるのではないか?
私が取ろうとしない役割を、彼が無意識にとってしまっているのではないか?


 そしてあなたが、ありのままの彼を受け入れられず、彼を変えようとしているのなら、それは彼を愛しているのではなく、あなたの心の中にある理想の男性像を彼に投影しているだけだということに気づく必要があります。自分の思い通りに行動してくれるからという理由で草食系男子を選んでいるとしたら、それはとんでもない話です。彼はあなたのペットではありませんし、そのような動機で相手選びをしても、長い目で見れば、幸せにはつながりません。

 少し高度な話にはなりますが、結局、あなたが取っている態度や立場が、周りの人に与えている影響(例:自立した女性の周りに、やや頼りない男性が集まる、など)も考慮に入れた上で、今の生き方を本当に続けたいかどうか、それを問い直すことが、一番大事なことなのです。

 もちろん、色々心配事があってなかなか前に進めない彼を、優しくサポートしてあげたいと考えているのなら、それはとても素敵なことですね。その場合も、このコラムをもう一度よくお読みになり、彼の課題を奪わないように、見守るべきところは見守り、その一方で「わたしはあなたを責めないよ」ということをちゃんと伝えていくことが大事になると思います。

 優しさと穏やかさを持った草食系の彼との恋愛、そして結婚生活が実り多きものになりますようにお祈りいたします。
 |  コラム一覧 |