日本はどこへ行くのか?100年前の国家より学べ #1 - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

山藤 惠三
有限会社エスオープランニング 代表取締役 クリエイティブディレクター
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本はどこへ行くのか?100年前の国家より学べ #1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
ベンチャー経営術、イマ〜戦略系。 企業経営の戦略系は?
日本の政治が思考停止状態になっています。
自民党の麻生総理大臣は、選挙先延ばしで、
民主党の小沢党首は、西松建設の疑惑から抜け出せません。
100年に一度の経済危機の中、政治は、お相撲のように見あって見あっての、
状況となっています。

エスオープランニング、山藤(サンドウ)です。

100年に一度の経済危機の中、今回からは、日本は一体どこへ行くのか?
100年前の国家論より学べ、として視線を少し変えて、
過去の国家観に眼を向けてみます。

ビジネスの世界でも、
政治が良くなければ、経済も停滞してしまいます。

国家意識の形成



日本が国家概念を持って語ったのは、
歴史上、律令国家と明治国家の時代であったと言います。

律令国家は、唐、新羅連合軍との日本の戦争を想定して建設され、
明治国家は、日清、日露戦争にいたる緊迫の極東アジア地政学の中から生まれました。

第二次世界大戦での、敗北の後



日本は日米同盟を結んで、その後、戦後の高度経済成長、世界第二の経済大国になり、
日本は60年あまりにわたり、完全な平和を享受しました。
その結果、国家概念については、
余りむずかしく考えずに、経済を優先して国家観については希薄化させてしまったのです。


日本の活路は、一言で言って「福沢諭吉」の「脱アジア論」に書かれた内容で展開する。



朝鮮半島は、政争と内乱を繰り返して独立自尊の気概を持たない地域といい、
中国大陸は当時の清、朝鮮を臣下として服属させて朝鮮半島内の政争や、
内乱のたびに大軍を送り権勢を張る国と言います。

そのような、朝鮮、清国とは「謝絶」して、
日本は欧米に沿って富国強兵に乗り出さんとする、
福沢諭吉先生は、このような考え方を説きました。


日本は、巨大なユーラシア大陸の東の端に位置している。
しかし、波高い対馬海峡に守られて、古来より大陸国家の侵略を受けることの
少ない、「海洋の共同体」であったのです。

つづく。

参考出典:やさしい経済学21世紀と文明

2008/5/12 日本経済新聞、拓殖大学拡学長、渡辺利夫