耐震補強はバランス - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

佐藤 靖生
有限会社佐藤靖生建築研究室 
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

耐震補強はバランス

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
耐震診断と補強
耐震補強のうたい文句で「耐震パネル」で補強云々、、、など何かを
「取り付ければ大丈夫のようなコマーシャルを見聞きします。しかし
そんなに簡単ではないのです。
耐震補強の難しさはバランスです。お客様も地震に耐えるための筋交い
などが弱い事はご理解いただけると思いますが、弱いのは壁だけではあ
りません。その力を負担する「基礎」も弱いのです。
その為、壁の一部分を強く「補強すれば安心」というのは簡単すぎます。
*古い住宅は地震に耐える筋交いや「壁が弱い」のです。
  筋交いとは壁の中に入っている斜めの材料です。
  広い意味では昔の壁塗り(こまい壁)も地震に耐える筋交いの役目を
  しています。
  ところが、、、
*弱いのは壁だけではなく、基礎も弱い。
  あまり心配をされては困りますが、簡単に言うと「家の全部が弱い
  のです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その為に、補強した周りに「負担をかけない」方法を考えることが重要で、
補強する家ごとに対応を考えてゆく必要があります。闇雲に壁や基礎など
どんどん補強すると工事量が増えてしまいますので、それを避ける計画が
耐震補強設計のポイントなのです。