この著作権はいくらかな?知財の価値評価とは。 - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

鈴木 康介
プロシード国際特許商標事務所 
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

この著作権はいくらかな?知財の価値評価とは。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
知的財産の価値評価
こんにちは
プロシード国際特許商標事務所
弁理士の鈴木康介です。

今日は、この著作権はいくらかな?という知財の価値評価の話です。

実は、私は弁理士会の価値評価推進センター運営委員を3年ほどやっています。

この委員会が、何をやる委員会かというと、大きく分けると2つの知財の評価手法を研究しています。

知財の定量的評価


1つめが、知財の定量的評価です。

知財の定量的評価とは、簡単にいえば、昨年話題になったKさんが持っている著作権がいくらであるかという評価です。

委員会では、この定量的評価をするために必要な手法を開発し、また、評価する際に必要な情報を収集し、その手法と情報を他の弁理士への普及することを目的に活動をしています。

知財の定量的評価を行う手法としては、

1.インカムアプローチ


 インカムアプローチは、この知財を使うことによる一定期間の売上を予測し、それを現在価値に割り引く手法です。
 俗にいう、DCF法や、モンテカルロシミュレーションなどが該当します。
 一番、一般的かも知れません。

 例えば、Kさんの全ての曲が1年目の売上は○円、2年目の売上は○円で、・・10年目の売上は○円で、現在価値を出すために5%で割り引くとすると・・・。5億円ですね!といったような計算をする方法です。

2.コストアプローチ


 コストアプローチは、この知財を作成・入手するためにかかるであろう金額を出す手法です。

 例えば、製作費として、Kさんがロスでレコーディングして、○千万かかったし、ロンドンでレコーディングして、○千万かかって・・・。合計、5億円です。といったような計算をする方法です。

3.マーケットアプローチ


 マーケットアプローチは、知財を市場で取引した場合の金額を出す方法です。

 例えば、Kさんの全曲をオークションにかけると、結果5憶円ですね。といったような計算をする方法です。

 昔は、知財の市場がなかったので、なかなか使用するのが難しい方法でした。

 しかし、最近ではオーシャントモの藤森さんたちが頑張って、知財市場の創出をして、知財の売買の相場を作ろうと努力をしているので、そのうち、知財オークションが広まるかもしれません。

なお、上に示した例は、かなり単純化しています。実際は様々な要因を考える必要があり、かなりの工数がかかり大変な作業となります。

このため、委員会は、知財評価手法を標準化することにより、結果のばらつきを減らすと共に、作業を楽にするように活動しているのです。

知財の定性的評価


2つめが、知財の定性的評価です。

この評価は金額を出すのではなく、事業戦略を実行できるような知財力を会社が備えているかという評価方法です。

この定性的評価手法を考える上で、例えば、ダウケミカルさんのパテントポートフォリオの管理とか、キャノンさんの知財戦略などが参考になると思います。

ただ、委員会の定性的評価についての研究は、もう少しまとまってから書きたいと思います。

<今日のまとめ>
1.知財の評価は定量的評価と定性的評価がある。
2.定量的評価は、インカムアプローチ、コストアプローチ、マーケットアプローチがある。

お読み頂きありがとうございました。

「知的財産権」に関するまとめ

  • 知的財産権って何?基本事項や疑問について専門家が解説します

    皆さんは「IP」という略称を耳にすることはありませんか。近年様々な言葉の略称として用いられていますが、そのうちの1つに知的財産権(Intellectual Property)があります。
    知的財産権とは商標権や特許権など無形財産に関する権利の総称で、五輪のロゴ問題を始め話題にならない日はありません。ここでは知的財産権についての基本的なことや疑問の解消に役立つ専門家の解説をまとめました。