リフォームを頼むならどっち? - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

阪本 貴洋
有限会社NOW 代表取締役
リフォームコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

佐山 希人
佐山 希人
(建築家)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リフォームを頼むならどっち?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
誰も語らないリフォーム業界の本当にある話
リフォーム業者に依頼する方法として大きく分けると

・「知ってる業者」に頼む
・「知らない業者」に頼む

の2通りですね。
「知らない業者」は今回のお話では置いておきましょう。
「知ってる業者」というのも分けると

・「友人・知人が建築関係」
・「以前頼んだから知っている」
・「家を建てたところだから知っている」

というように分かれると思うのですが、
「友人・知人が建築関係」以外は、
仕事をきっかけにしているわけですから、
お客様と業者】と関係がハッキリしています。

それが「友人・知人が建築関係」になると
お客様と業者でありながら友人であり知人】と
関係が曖昧になりがちです。

水漏れ・つまりなど住まいの緊急トラブルなどで
私どものサービスマンがお伺いしたところ、

「知り合いに先日リフォームしてもらったんだけど、
これくらいのことで連絡するのは悪い気がして・・・」

「忙しそうだから言いにくくて・・・」

(この案件実は、リフォームした場所の不具合です)

など、アフター面で曖昧な関係図が影響するみたいです。
確かに「友人・知人が建築関係」という知り合いの業者に頼むと、
『安心感』を手に入れれる気がしますが、
これも私ども業者に対する不信感の現われの一部ではないかと、
少々さびしくなる今日この頃です。