メインの販売経路・販売媒体を再認識することが大切 - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
岡星 竜美
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

メインの販売経路・販売媒体を再認識することが大切

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
販促・プロモーション

自社のメインとなる販売媒体は、何になりますか?



テレビ通販であれば、テレビ画面
ラジオ通販であれば、ラジオの音声
インターネットであれば、PC又はモバイルの画面上
店頭であれば、店頭の場面

どこの媒体が最も効率が良く、売上・利益を上げてくれるのか。理解していますか?

もちろん、すべての媒体で売れるようにしたいのはあたりまえですが、必ず最もロイヤリティの強い顧客と接触する媒体がある筈です。または、強化したいところなど。

結論から言うと・・・

「メイン媒体で最も情報量を多くし、顧客の商品決定場面では、最低限のスペック情報以外は、あまり載せない」



例えば、テレビ通販でのインターネット画面はあくまでも受注窓口であり、そこに情報量が多すぎたり、購入導線が分かりづらいと、商品決定に迷いが生じ、購入をロスする可能性があります。ですから、自社のメイン媒体を決め、モバイル・インターネット・FAX・TELと購入受付窓口として割り切り、展開することをオススメします。


よくありがちな間違いとして・・・
すべてに情報量を多くしてしまう。

まずは、自社にとってのメイン媒体を決めましょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「販促・プロモーション」のコラム

顧客寿命の永続化(2010/03/15 11:03)

永続的な企業とは(2010/02/07 00:02)