喫煙とお口の健康 - 虫歯治療 - 専門家プロファイル

医療法人社団 MEDIQOL 理事長 歯科医師
東京都
歯科医師
03-5228-3788
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

喫煙とお口の健康

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 一般歯科・歯の治療
  3. 虫歯治療
歯科の蘊蓄
 タバコは体に悪いとわかっていながら、ついつい吸ってしまう・・・という人が多いですが、全身の悪影響だけでなく、口の中にも様々なトラブルを引き起こします。
 
 歯に着色物がつくことによって、歯垢がたまりやすくなります。
 歯垢中の病原細菌がきっかけとなり、喫煙者においては、歯周病のリスクが高まることが知られています。
 
 ニコチンの作用によりお口の中の毛細血管が収縮し、本来、病原菌や細菌から守ってくれるお口の中の白血球の絶対量が減少することで、免疫機能が低下します。

 また、口腔癌の発症率も非喫煙者に比べ約4 倍に増加します。そして、肺癌(扁平上皮癌に限り、腺癌は除く)の発症は喫煙者がほとんどです。

 このように、タバコの口の中や全身への悪影響はかなり大きく、ヤニがつくだけではないのです。
 
 違った角度から、禁煙を検討してみましょう。
 
 
★タバコと歯周病の関係
 
 タバコを吸う人に多くみられる口の中の特徴
 
1.煙草のタール成分の付着が歯周病の原因となる歯垢を付きやすくする。

2.煙草のニコチンが歯肉の血管を収縮させて、血流障害を起こす。

3.喫煙による活性酸素を除去するためにビタミンCが消費されて、歯ぐきを構成するコラーゲン合成がうまく行かない。

したがって、歯ぐきの色が紫色・黒ずんでいる、歯が黄ばんでいたり、ヤニがついている、舌表面にヤニがしみこんでいる、口臭がある、炎症があっても見えづらいという特徴があります。

 女性の喫煙者も増加していますが、百害あって一利なしということに違いはなさそうです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 歯科医師)
医療法人社団 MEDIQOL 理事長 歯科医師

インプラント治療と予防歯科に特化。医療を通じ貴方の一生を支援

人々の豊かな生活を医療の視点から支援したいという理念を掲げ、都内7箇所に歯科医院を展開。インプラント治療と予防歯科に特化し、科学的根拠に基づいた歯科技術の提供はもちろん、「歯をキレイに、機能的にしたい」という方々の期待に最大限お応えします。

03-5228-3788
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「歯科の蘊蓄」のコラム

〜歯を白くしたい!〜(2009/02/16 14:02)