配線ダクトにアッパーライト - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

松永 隆文
Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

配線ダクトにアッパーライト

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
事例
吹き抜けのあるリビングの照明計画はいつも悩みます。

お洒落なペンダント照明や、モダンなシャンデリアを高天井から吊る方法もあるが、シンプルに照明の存在を消す様な照明計画を行いたいときもある。

高天井にダウンライトがいいのだが、電球交換が出来ないので難しい。

そこで登場するのが、壁に取り付け、天井に向け照らす、アッパーライト。

天井に一度反射させて、リビングを照らすため、光が柔らかくなり、演出効果は抜群。

しかし、読書等を行うには、目に悪そうな照度となり、直接的な照明もほしくなる。

そこでよく採用するのが、配線ダクト。写真で照明器具が取り付けてあるレールのようなものが、配線ダクトといいます。

このレール上であれば、どこにでも何灯でも、器具が取り付けられ、上を向ける照明と、直接照らせる下向きの照明を、ミックスして取り付けられる。

リビングの演出を変えたい時や、リビングで行うことににより、照明計画を自由に変えられる、うれしいアイテムのひとつです。