AIG問題Part3 - 保険選び - 専門家プロファイル

有限会社アイスビィ 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

AIG問題Part3

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
保険 生命保険
アリコについて、新たに国内の複数の大手生命、損害保険会社が入札に向けた資産査定に入る事が分かりましたね。一時は関心なさそうな対応でしたが「やはり」でしたね。

今まで海外勢中心でしたが、今回、東京海上ホールディングス、三井住友海上グループホールディングスなどが守秘義務契約を結ぶ意向を固めた様子です。この他にも日本生命、第一生命なども資料の検討に向けて仲介する投資銀行と折衝を進めているとの噂があります。

先日までは、アクサ、メットライフ、英国プルーデンシャルの欧米保険会社3社の他、中国の政府系投資ファンドも買収を検討しているとされていました。

ただ、日本社について個人的見解ですが、「本当に買うの?」と思いますね。買収で規模ばかり大きくする前に、もっと顧客サービスや商品の改正など、しなければならない事は山ほどあるでしょう?と言いたいですね。結局のところ、顧客本位とかサービスや質の充実とか言ってる割には、規模の拡大と目先の利益なんでしょうかね。それなら外資系と変わらないですよね。

とある会社等は「損保は儲からないから、これからは生保と海外だ」と社長自ら言い放ってる会社もありますからね。そんな「ダメだ」と言い放たれてる会社で働く社員は可哀想ですね。今回の国内勢の参入は、同業他社に買収されて負けたくないと言うのが本音じゃないでしょうかね。何か、将来を見据えた事業計画から来たものではなく単に業界での地位を守る意味合いが強い様に個人的には感じます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「保険」のコラム

厚生年金の加入拡大(2016/10/05 02:10)

かんぽ生命も販売停止(2016/05/01 14:05)