基礎立上り型枠組 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

松永 隆文
Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

山崎 壮一
(建築家)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

基礎立上り型枠組

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
Retro Modernな家


世田谷区で進行中の「Retro Modernな家」。
基礎の立上りの型枠組が行われています。


立上りの型枠が組まれた時、一番大切なのが、型枠内の鉄筋の位置。鉄筋がどれだけコンクリートにかぶるのか?を確認していきます。耐圧盤のコンクリート打設時に、配筋が人に踏まれる為、立上りの配筋が倒れてしまい、型枠の芯に入らず、コンクリートとの「かぶり」が少なくねってしまうことがよくある。
倒れていたり、芯に入っていない場合は、鉄筋を真っ直ぐに戻したり、型枠をずらして基礎幅を広げたりなどの対応を指示します。
今回は、キッチリと芯に入り、「かぶり」もとれていて、ホッと一安心。


写真でみえる青いボード状のものは、断熱材。
玄関や浴室などの床下断熱出来ない箇所に、基礎断熱を行っています。

明日、立上り部のコンクリート打設と進んでいきます。

このコラムに類似したコラム

型枠解体及び外回り配管 松永 隆文 - 建築家(2016/12/26 14:58)

基礎の配筋検査 松永 隆文 - 建築家(2016/12/16 16:14)

捨てコンクリート打設 松永 隆文 - 建築家(2016/12/12 15:36)

型枠の外し 松永 隆文 - 建築家(2016/04/15 14:12)

立ち上がり型枠組 松永 隆文 - 建築家(2016/02/27 09:33)