住宅ローン控除 2009 平成21年改正 活用方法その2 - 確定申告 - 専門家プロファイル

NICECHOICE 佐藤税理士事務所 
東京都
税理士
03-5942-8818
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン控除 2009 平成21年改正 活用方法その2

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 確定申告
住宅ローン控除 活用方法 平成21年 2009

改正予定事項で現時点で確定したことではありませんのでご留意くださいませ。



質問やお問合せが多いので住宅ローン控除の改正の活用方法について解説します。

平成21年の税制改正により、住宅ローン控除の控除額が最大600万円となるような改正が予定されています。

平成20年に入居の場合には、控除額が最大160万円ですのでその差はかなり大きいです。

年末引渡しの物件については、居住開始日を平成21年以降にすることにより新しい住宅ローン控除の適用を受けることが可能となりますと前回解説しました。

今回はその続きです。

住宅ローン控除の確定申告を行う際に、添付書類として、新しい住所の住民票の添付が必要となります。

住民票により税務署側では、居住の用に供したことと居住開始日を確認します。

通常は居住の用に供した日=''住民票の異動日''であるので問題はありません。

しかし、登記等の関係で物件の引渡しを受ける日に住民票を移さなければならないケースがあります。

その場合には、住民票に記載された異動日が平成20年で、居住開始した日が平成21年という場合があり得ます。

この場合ですと、居住の用に供した日が住民票のみでは確認できないため、別途平成21年になってから住み始めたことを確認できるような書類を準備しておく必要がございます。

例えば、引越業者の領収書ですとか、公共料金の領収書(電気ガス水道の使用量によっていつ頃住み始めたかを確認できるようにしておく)を用意しておきます。

ただし、気をつけなければいけないのは、この逆のケースです。実際に住み始めたのは平成20年末なのに、住民票の異動を平成21年にして、平成21年から住み始めたように装うことで、平成21年以降の改正後の住宅ローン減税の適用を受けようとする場合です。これは脱税となりますのでご注意下さい。

このコラムは平成20年11月12日現在の情報を元に記載しています。経済対策で発表された通りに税制改正が行われないかもしれませんので慎重にご判断下さい。

平成21年版無料レポートの受付を開始しました。



2年前より配布しております住宅の税金に関する無料レポートの最新版の受付を開始しました。

「5つの相談事例から学ぶマイホームの税金」

無料レポートでは、佐藤税理士事務所が行っている好評企画無料相談会でよく寄せられる住宅の税金に関するご相談を5つにまとめ、それぞれについて佐藤税理士事務所としての回答を記載するとともに、関連する住宅の税金について1通り学ぶことができます。

新しい住宅ローン控除制度や贈与税非課税500万円の活用方法など平成21年の税制改正情報を取り込んだ内容となっております。

無料レポート「5つの相談事例から学ぶマイホームの税金」のお申し込みはこちら

http://www.myhomenozeikin.net/?page_id=71

無料相談会も好評開催中です。



自分のケースではどうなるの?そんな疑問にお答えするため、中野サンプラザの事務所内で住宅の税金に関する無料相談会を開催中です。

住宅の税金に関するご相談がございましたら、下記HPよりお申し込み下さい。

住宅の税金のことなら、マイホームの税金

http://www.myhomenozeikin.net


中野区 税理士 佐藤税理士事務所

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
NICECHOICE 佐藤税理士事務所 

住宅の資金計画からローン選択、確定申告まで、トータルサポート

税理士としては珍しく異業種での起業経験のある税理士です。自身の起業経験に基づいた、企業の成長過程に応じた柔軟なサービスを提供しております。また、マンション購入の経験を元に、住宅購入者向けに税金相談、確定申告の代行サービスも行っております。

03-5942-8818
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「住宅ローン控除」のコラム