鉄の手摺の作り方 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

増井 真也
建築部門代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

鉄の手摺の作り方

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
けんちくの現場にて
市川の家では、階段の鉄製の手摺が取り付けられました。通常の住宅では木でできた丸棒などの手摺を取り付けることが多いのですが、このように細い鉄の棒をまげて手摺にすることも可能です。
このようなものを製作金物と呼びますが、通常は金物屋さんという職人さんが作ってくれます。もちろん既製品というものは存在しません。その現場にあわせて図面を引き、その図面にあわせて一つ一つ職人さんが製作していきます。
昔、人件費が物の値段よりも安かったころはこのように人の手で作られる金物はどこにでも用いられていました。しかし、現代社会においては職人さんの手作りの品物を利用することは非常にコストがかかり難しくなっています。手作業の気配が感じられるような造作をひとつくらいは住宅作品の中に取り入れたい、そのようにいつも思っています。