何故、「外張り断熱」だったのか...!? - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

野平 史彦
株式会社野平都市建築研究所 代表取締役
千葉県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

何故、「外張り断熱」だったのか...!?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
これからの家づくりの視点 「高断熱・高気密」後のより自然に即した断熱法とは?
 私は前作「究極の[100年住宅]のつくり方」(パル出版)で「温暖地における開放的な高気密・高断熱」について提案させて頂き、幾度かセミナーや講演会活動をしてきましたが、その度毎に先に述べた様に「''気密''」について拒否反応を示す方々に出会ってきました。

 高断熱は分かるが、高気密が分からない。
 高温多湿の自然環境にある日本の木造住宅は、湿気を溜めない様に、呼吸できる様に造られるべきで、気密なんてもってのほかだ!

 気密の意味が分からない人達は、「気密」という言葉のイメージに捕われてしまいます。

 そこで、ハウスメーカーは戦略的に「高断熱・高気密」という言い方はやめて、「外張り断熱」という言い方をするようになりました。
 勿論、それも高断熱・高気密工法のひとつなのですが、充填断熱という方法から外張り断熱にシフトしよう、というものです。

 北海道の大学で充填断熱による高気密・高断熱構法、「新・在来工法」の開発現場に立ち会い、首都圏で独立後、高気密・高断熱住宅を手掛け始めて間もなく、外張り断熱に切り替え、その普及活動に勤しんで来たのは、ハウスメーカーがやっと今頃になって気付き始めている様に、充填断熱より外張り断熱の方が優れていたからではなく、高気密・高断熱住宅の経験のない首都圏の大工さんに「防湿気密シート」をきちんと施工するのは困難であると見極めたからに他なりませんでした。

 即ち、外張り断熱は圧倒的に施工がし易く、施工不良箇所が発生し難い工法だった、ということです。