内部統制のために法律的に重要な文書 - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

フランテック法律事務所 
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

内部統制のために法律的に重要な文書

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
 内部統制に必要な文書については、会計監査の視点から必要な文書が説明されることが多いのですが、内部統制のために法律的に必要な文書について考えてみましょう。
 会社法での内部統制システムにおいて、「取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に対する体制」(「情報保存管理体制」)(会社法施行規則100条1項1号)が文書管理と関係します。
 株式公開をしている企業または株式公開をしようとしている企業であれば、そのような文書管理規程は当然あり、様々な文書を管理していると思います。そのような中で、会社法での内部統制に重要な文書は以下のものとなります。
 (1)取締役会議事録
 (2)稟議書
 (3)内部監査報告書
(1)の取締役会議事録は、内部統制、コーポレートガバナンスに関わる文書として最も大切なもので、特に株主代表訴訟での重要な証拠書類となります。
(2)稟議書は、会社内部ので意思決定のプロセスを検証するための文書であることから、取締役が従業員の業務の監督のために重要な意義があります。
(3)内部監査報告書は、内部統制の運用のモニタリングをするという視点から内部監査が重要となるため、従前より重要性をますことになる文書です。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
フランテック法律事務所 

フランチャイズとIT業界に特化。最先端ノウハウで支援します

フランチャイズ本部と加盟店に対して、法的アドバイスでのお手伝いをしてきています。また、インターネット関連のベンチャー企業の事業展開のお手伝いもしています。特に、株式公開を目指すベンチャー企業のために、お手伝いができればと思っています。