透湿防水シート張りが始まりました - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

松永 隆文
Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

山崎 壮一
(建築家)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

透湿防水シート張りが始まりました

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
wa+
外壁材を張る前に、透湿防水シートを張ります。

透湿防水シートとは、言葉通り、湿気を通して、雨水を通さない。

室内の湿気が壁の中に侵入した時に、外に逃がす働きをします。湿気が逃げないと、壁の中の柱や断熱材が湿り、カビの発生原因となります。
透湿防水シートに、胴縁という細い木材を打ちつけ、外壁材と透湿防水シートの間に隙間を開け、湿気の抜け道を作ります。いわゆる外壁通気工法といわれるものです。

もうひとつは、外壁から侵入してきた雨が、柱や断熱材を濡らすことのない様にする働きです。外壁から雨が入るの?と思われますが、外壁での雨漏れの一番の箇所が、サッシ回り、つづいて、外壁材のジョイント部のコーキング材部。コーキング材の劣化は結構速い。気付かないうちに、劣化し、雨が侵入していることもある。

サッシ回りや、コーキングの雨対策処理を万全にし、さらにこの透湿防水シートのダブルストッパーで雨漏れが無い様、施工していきます。