金属アレルギーの場合の矯正装置は? - 虫歯治療 - 専門家プロファイル

医療法人社団審美会 青山審美会歯科矯正クリニック 
東京都
歯科医師
03-3409-3849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

金属アレルギーの場合の矯正装置は?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 一般歯科・歯の治療
  3. 虫歯治療
歯列矯正・噛み合わせQA (症例、原因、費用)
<歯列矯正のよくある質問>

(質問)
金属アレルギーの場合はどのような矯正装置を使うのですか?
舌側矯正(裏側からの矯正)も金属装置しかないのでしょうか?


(回答)
原則として、矯正装置はセラミック装置を用います。また、矯正ワイヤーは金属の含まれない樹脂(ファイバー)系ワイヤー、又は、生体親和性が良いといわれるチタン系ワイヤーを用います。舌側矯正(裏側からの矯正)にはセラミック装置はありませんので、舌側矯正での矯正は難しいと思います。矯正治療を受ける前に、アレルギーの発現する金属の種類を、大学病院で特定しておいたほうが良いでしょう。


青山審美会歯科矯正クリニック(表参道・渋谷駅)
http://www.aoyama.or.jp/
舌側矯正専門サイト
http://www.koyata.com/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 歯科医師)
医療法人社団審美会 青山審美会歯科矯正クリニック 

約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

東京都渋谷区にある、矯正歯科・審美歯科・歯列矯正の専門医です。 特に舌側矯正(裏側矯正)に関しては、開業医としては日本で初めて全面的に臨床に取り入れ症例数4400件以上(1980年1月~2011年1月)を超えています。確かな技術と安心の提供に努めています。

03-3409-3849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「歯列矯正・噛み合わせQA (症例、原因、費用)」のコラム