他の借り入れがあると、借り換えの審査が通らない? - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

涌井啓勝
株式会社コアトータルプランニング 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

他の借り入れがあると、借り換えの審査が通らない?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
借り換え可能な方

借り換え相談ができる方


・勤続年数の短い方 
・独立間もない自営業者
・表面収入の少ない自営業者・赤字決算の代表者
・永住権の無い外国籍の方
・住宅ローンの支払額が多く困っている方
・共有名義から単独名義に変更したい方

金融機関への対応は?



自営業者への対応


自営業者の方は事業資金は銀行から貸してくれるのに住宅ローンの相談をしたら断られたという話しを良く聞きませんか?残念ながら実質的な返済力がある自営業者でも給与所得者よりもリスクがあるという金融機関の認識は今でも変わらないようです。ようするに住宅ローンのような長期の貸し出しの商品には無駄なリスクを伴いたくないと言うのが本音のようです。

単独名義への変更の状況


多くは離婚のときに共有名義から単独名義への変更をする必要がでてきますが現状では簡単には行きません。余程、単独名義にする方の収入がアップしていない限り金融機関は応じてくれないでしょう。また、実勢価格と残債務のバランスがわるければそのままになってしまうのがほとんどです。支払いをしている方が滞納でもしたらもう一人に支払い義務の責任が降りかかってくるという常に爆弾をかかえている状態でいるのです。

支払い額の軽減は可能か?


収入が減って毎月の住宅ローンの支払いが厳しくなってきた。というご相談も多くいただきます。低い金利の住宅ローンに借り換えをして少しでも支払額を抑えたいという方もいると思いますがそれほどの効果が無いのがほとんどではないでしょうか?住宅ローンの残存期間延長ほど効果的な借り換えはありません。しかしなかなか金融機関等は取り合ってくれないというのが現状であると思います。