大和生命の破綻劇について - 保険選び - 専門家プロファイル

大関 浩伸
株式会社フォートラスト 代表取締役 FP技能士
東京都
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大和生命の破綻劇について

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
保険会社の破綻と実際について
先日(2008年10月)に大和生命は破綻しました。

サブプライムローンの影響から全世界的な同時株安・・・コレを震源とした
「急激な株の下落による資産の急激な減少」が主因とされてますが、
ハイリスクハイリターン商品を多く抱えていた特殊な体質というのも
原因だったようです。

会社案内には、黒字決算をうたっており、体力的にも問題ないと
PRしていたのに、このような結果になりました。

保険会社側からすれば、予定利率の高い養老保険などは、逆ザヤとなるばかりで
なく、いずれ満期保険金として資金が流失することを覚悟しなければなりません。
こうした契約のシェアが比較的高い会社は、ごく少数でしょうが、要注意かも知れませんね。

この破綻劇で学んだ教訓として、保険会社の体力を示すソルベンシーマージン
や決算内容という表面上の数値だけでは全面的に信用できないということが
挙げられそうです。