船橋建築塾2008.10を終えて - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

野平 史彦
株式会社野平都市建築研究所 代表取締役
千葉県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

船橋建築塾2008.10を終えて

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
Topics 船橋建築塾だより
今回の船橋建築塾は、3名御参加の予定でしたが、急用で1名不参加となり、女性2名の塾生と和気あいあいの建築塾となりました。

前半は、Sさんの懸案議題で、古い日本家屋の建て替えについて、如何に古い家の部材を活かして新しい家を建てるか、皆さんで活発な議論をさせて頂きました。

古い家の和室の建具は結構、細工の凝ったものが多く、そうしたものを巧く再利用したり、古い立派な丸太の小屋組をどう新しい家に用いるか、また、Mさんからは古い屋根瓦を小口を見せる様に玄関アプローチ床に用いてはどうか?といったデザイン提案を頂くなど、お話をしている中で皆さん、どんどん素晴らしいアイデアがでてきて、盛り上がりました。

後半は、「子供部屋って何だ?」というテーマで、<家>を子供部屋から解体してゆく議論に入りました。

女性お二人だったので、子育て論に脱線していってしまいましたが、それもまた家づくりにおいては重要な議論であり、私の方が勉強させられてしまいました。

このテーマは、家づくりのヘソとなる重要なテーマなので、まだまだ暫く続きますし、この議論を深めてゆくと、<家>というものの皆さんの見方がきっと今までと全然違って来るのではないかと思います。

今回は、Sさんが打ち立てのソバと自家製の梅酒を、Mさんがヨコヤマ(船橋の有名ケーキ店)のカステラをご持参下さいました。
最近、ちょっと持ち寄りパーティになってきた感じです(笑)
皆さん、ありがとうございました。
次回も大いに語り、笑いましょう!

お近くの方で、参加ご希望の方がいらっしゃいましたら、気軽なお茶会ですのでどうぞ遠慮なくご参加下さい。(私共のHPから参加申し込みをして下さい)