国民年金基金への加入は損? 得? - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国民年金基金への加入は損? 得?

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
年金 国民年金基金
国民年金基金についてですが、現在自由業で52歳の私が入って大丈夫か、迷っています。

といいますのも私が65歳になるころは高齢化社会真っ只中で、需給バランスが完全に供給オーバーになってしまうはずです。

たとえ国民年金のように若い人からのお金でまかなうシステムで無いにしても、運用できるのか、破談する可能性のほうが大きいと思うのですが、どうでしょうか。

よろしければお考えを伺えませんでしょうか。

国民年金基金の加入・非加入は個人の自由裁量です。

「破談する可能性のほうが大きい」と思う方は、精神的に加入はよくないので加入されないほうが良いと思います。

私個人的には、破談する=0になる可能性は極めて低い(長期的にみれば日本経済は成長する)と思っていますので、自営業者で老後資金を考えられている方には、税金の控除になりながら、貯蓄ができる国民年金基金や確定拠出年金など、私のクライアントにはお勧めしています。

確かに年金減額の可能性は高いと思いますが、払った以上は回収できると考えていますし、節税になる分だけでも有利なはずであると個人的に考えています。

どうしても迷ってしまうお金のこと…お気軽にご相談ください!