会社設立後に必要な手続きについて - 会社設立全般 - 専門家プロファイル

大江ありす行政書士事務所 
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会社設立

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会社設立後に必要な手続きについて

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会社設立
  3. 会社設立全般
会社設立時によくある質問
会社設立手続きが終わって、さあこれから仕事がんばろう
と思っている社長さん!
実は会社設立後にもいろいろな官公庁への届出が必要
なのです。
ここで簡単にご説明いたします。

1)税務署へ開業届を提出
会社の住所を管轄する税務署へ以下の届出を行います。
1.法人設立届出書 会社設立から2か月以内
  添付書類として、定款のコピー、謄本のコピー、株主名簿等が必要
2.給与支払事務所等の開設届出書 会社設立から1か月以内 
3.減価償却資産の償却方法の届出書 最初の確定申告の届出期限 
4.棚卸資産の評価方法の届出書 最初の確定申告の届出期限 
5.源泉所得税の納期の特例に関する申請書 特例を受ける月の前月末まで
6.青色申告の承認申請書 会社設立から3か月以内
7有価証券の評価方法の届出書 証券取得年度の確定申告の提出期限
(1.は必須、2.以下は任意)

2)都道府県税事務所への届出
会社の本店が東京23区内の場合
事業開始等申告書 事業開始の日から15日以内

それ以外の場合
法人設立等届出書 会社設立から1か月以内

3)市区町村への届出
法人設立等届出書 会社設立から1か月以内 
東京23区内に設立の場合都税事務所に提出するのみ、区役所への届出は不要

4)社会保険加入手続き
会社設立後、速やかに、社会保険(健康保険・厚生年金保険)に
加入する必要があります。
社会保険事務所で、社会保険加入の手続きを行います。

5)労働基準監督局への届出
会社を設立し、従業員を雇う場合は、以下の届出を行います。
1.労働保険関係成立届 (従業員を採用したとき)
2.就業規則 (従業員が常時10人以上の場合)
3.時間外・休日労働に関する協定 (時間外・休日労働させる場合)
4.適用事業報告 

6)公共職業安定所への届出
従業員を雇う場合は、以下の届出を行います。
1.雇用保険適用事業所設置届 
2.雇用保険被保険者資格取得届 

などなど。
このように文章で見ると大変ですが、手続き自体は
難しいものではありません。
会社設立後すぐに手続きするのが賢明です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(行政書士)
大江ありす行政書士事務所 

女性行政書士が、あなた目線で起業をサポートします

開業や許可に関する悩み、不安を解決します。法律、許認可、経営について幅広い知識を持つ行政書士の強みを生かし、お客様にとってベストなプランを作成し、実行するよう心がけています。まずはお気軽にご相談ください。女性行政書士がご相談に応じます。

カテゴリ 「会社設立時によくある質問」のコラム

会社の印鑑はどうするの?(2007/08/16 00:08)