会社の印鑑はどうするの? - 会社設立全般 - 専門家プロファイル

大江ありす行政書士事務所 
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会社設立

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会社の印鑑はどうするの?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会社設立
  3. 会社設立全般
会社設立時によくある質問

会社設立のために印鑑はどんなものが必要ですか?



 会社の設立の際には、直径1センチ以上3センチ以内の印鑑が1つ必要です。これを会社の実印または代表者印などと呼びます。丸い形の印鑑が普通ですが、四角でもかまいません。一般的には、株式会社○○代表取締役の印、と刻まれたものですが、違う会社名や個人名でも会社設立登記上は問題ありません。
 会社を設立したいといって印鑑屋に行くと、3本セットをすすめられることが多いようです。会社の実印、銀行印、角印の3つです。
 銀行印とは銀行口座用に別途作成した印鑑です。代表印と兼ねることもできますが、万が一紛失した場合のことを考えると区別した方が安全ですし、社長と経理担当者が異なる場合は区別していないと不便です。
 角印とは会社の認印です。日常の業務や請求書、領収書などに押して使います。
 それとは別に、会社の住所、会社名、代表社名、電話番号等のゴム印もセットにしてくれることが多いです。日常的な多くの場面で便利ですので、セットで購入しておくと便利ですが、設立当初はなくても問題ありません。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(行政書士)
大江ありす行政書士事務所 

女性行政書士が、あなた目線で起業をサポートします

開業や許可に関する悩み、不安を解決します。法律、許認可、経営について幅広い知識を持つ行政書士の強みを生かし、お客様にとってベストなプランを作成し、実行するよう心がけています。まずはお気軽にご相談ください。女性行政書士がご相談に応じます。

カテゴリ 「会社設立時によくある質問」のコラム