『間取り』キッチンとダイニングについて - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

横山 彰人
株式会社横山彰人建築設計事務所 
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『間取り』キッチンとダイニングについて

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
『建築家となら望みどおりの家が建つ』 建築家が明かす家づくりの極意 8-3
『間取り』は実際の生活を重ねて確認 8-2 つづき

キッチンとダイニングについては、冷蔵庫から材料を出し、それを洗い、刻み、調理し、盛り付けてテーブルに出すという作業がスムーズにできるか、確認しておきたいことの一つです。

シンクを壁に向け、振り向いたらテーブルがある、というレイアウトにしたが、わざわざテーブルまで移動して配膳するのが面倒だったということもあります。この場合は、ダイニングのテーブルに向かってシンクを対面するように設置したほうがよいことになります。

さらに、朝起きてから学校や会社に行くまでのあわただしい時間に、スムーズに支度ができるかどうかも大切です。

朝、身支度を整えてから朝食を食べる場合と、朝食を食べてから身支度を整える場合とでは動線が異なります。また、家族で洗面室を使用する時間が重なっても大丈夫かどうかは意外と見落としがちですが、使いやすさ、暮らしやすさにつながる大切なことです。このような細かい問題を、それぞれの部分において確認していくためには、一、二度平面図を見るというレベルでは不可能です。


家族全員が見える場所に平面図を貼っておき、つねに生活を平面図と対応させ、想像しながらチェックをするということも必要でしょう。

つづく・・・




横山彰人のその他リンク


横山彰人Blog『建築家のスケッチブック』
横山彰人建築設計事務所ホームページ
横山彰人建築設計事務所リフォームホームページ