誰でもできる重要事項のチェック・・その3 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

徳本 友一郎
株式会社スタイルシステム 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

楯岡 悟朗
楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

誰でもできる重要事項のチェック・・その3

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産売買に役立つ基礎知識 購入編

            ◆ 道路との関係をチェック



土地と道路との関係はとても大切です。


公道か私道かということも大事ですが、
建築基準法上の道路の扱いになっているかが大切です。
その道路に2メートル以上接面していれば、家を新築できます。


道路幅が4メートル以上あり、アスファルト敷きになっていても
建築基準法上の道路でなければ、家は建てられないのです。


このような道路の場合、
・不適合接道
・再建築不可
・通路

などと書かれています。


さらに見極めるキーワードとしては、「法42条」です。

「法42条」と書かれていれば、私道でも公道でも、
4メートル未満でも建築は可能です。


しかし、「法43条但し書 」と書かれている場合は要注意です。


第43条但し書きによる許可とは、接道についての例外的適用で、
法42条にいう道路に有効に接道できないとき、
やむを得ない事情がある場合に適用するものです。


つまり、将来に渡って新築ができることを保証できるものではないからです。
  
   まずは3つのポイント、
 

   「備考欄」 「融資の利用」 「道路の関係」



   はきちんとおさえましょう。