地震を予知する話 5 - 各種の防災対策 - 専門家プロファイル

中舎 重之
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:防災

松島 康生
松島 康生
(危機管理/BCP/防災計画コンサルタント)
松島 康生
松島 康生
(危機管理/BCP/防災計画コンサルタント)
松島 康生
(危機管理/BCP/防災計画コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

地震を予知する話 5

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 防災
  3. 各種の防災対策

      トルコ・イズミット地震での証言
 

 池谷伺元著「大地震の前兆 こんな現象が危ない」からの抜粋です。
 

 ・多くのニワトリが夜の2時頃に鳴いた。地震の起こる1時間前。
 ・星が異常に近くに見え、輝いていた。
 ・前夜の月が不気味に赤かった。
 ・イズミット湾では、地震前日に深海魚が水面近くで泳いでいた。
 ・イズミット湾では、海が割れ、水の壁ができた。
 ・イスタンブールの魚市場では、地震の8~9日前に漁獲量が通常の3倍なり、
  3日前にも、やはり3倍位の漁獲量が記録された。


     

   1995年1月17日、兵庫県南部地震での証言
 

 弘原海 清(わだつみ きよし)著「阪神淡路大震災 前兆証言1519」からの抜粋です。
 

空と大気の異常について (490件、29%)
  ・「1月 9日17時30分頃、芦屋から神戸方面の空に真っ直ぐ立っている渦巻状の雲を見た」 西宮市、女性
  ・「1月14日の朝6時すぎ、西の方の空がオレンジ色で、朝焼けが西に出ている様で驚いた」 伊丹市、女性
  ・「1月15日の月は、燃える石油ストーブの金網のような赤黒い色をしていた」                  柏原市、男性
  ・「1月16日の午後、北摂連峰の方向に2本の線が交わっている雲を見た」                  箕面市、男性
  ・「1月16日16時30分頃、渦巻状の白い雲が淡路島報告に見られた」                  西宮市、男性
  ・「1月16日の夜、月に笠のフリルのようなものが付いていた」               京都市、女性

 

大地の変化について (189件、11%)
  ・「明石では、去年から数回地盤が下がるような地震が何度もあった」         明石市、女性
 ・「昨年末から、宝塚市附近で地面からダンプが突っ込んだような衝撃音が聞こえ、
  そのたびにハトが群れをなして飛び立った。しかし部屋は少しも揺れなかった」                  大阪市、男性

  *兵庫県南部地震が発生する前年の中頃から年末にかけて、滋賀県中部、京都府中部、大阪府北部、兵庫県東部において、かなりの規模の群発地震が連続的に発生していた。京都大学の観測所のデータによると、正月を迎える頃には、群発地震は完全に活動を停止したという。

  ・「昨年の8月から、六甲の岩からしみ出る水が涸れ、周辺がカラカラに乾いた」                  神戸市、男性
  ・「昨年末から、井戸水が花崗岩の砂が混ざったように濁っていた」                          神戸市、男性
 ・「3日前の夕刻、干上がっていた河原が突然の異常は湧き水で水浸しになった」                西宮市、男性
 ・「昨年末、明石海峡大橋下の海が、海中から入道雲が湧き上がる様な泥水だった」    兵庫県多紀郡、男性
 ・「前日の夕方、泉佐野市側の大阪湾が沖のほうから濁って来た」                   泉南市、男性

 

電磁波の異常について (149件、9%)
  ・「昨年12月17日と25日の2回、三宮附近のフラワーロードを走行中、
  ナビゲーションシテムの矢印が逆方向を向いた」                                三重県一志郡、男性
 ・「1週間ほど前から、テレビ、エアコン、ステレオなどのリモコンが軒並み
  作動しなくなり、地震後に正常に戻った」                                         東大阪市、男性

 

動物たちの異常行動について (324件、19%)
 ・「1週間前から、イヌが小屋の外で寝るようになったが、地震後は再び小屋で
  寝るようになった」                                                        摂津市、女性
 ・「前夜8時以降、イヌが興奮して普段とまったく違う様子になり、
  家人に噛みつく状態になった」                                               東大阪市、女性
 ・「3日前から、ネコがソワソワして落ち着かない様子になり、ウラ声で鳴き続け、
  17日は一日中帰ってこなかった」                                              伊丹市、女性
 ・「5時間前に、ネコが柱を駆け上り、2分前に外に出て行った」                     大阪市、女性

 

鳥類の異常行動について (281件、16%)
 ・「2日前の午後、泉北ニュータウンで異様なカラスの大群を見た」                           堺市、 女性
 ・「前日、走鳥類のエミューが飼育舎を出ようと暴れ、首を挟んで死んでしまった」 大阪府南河内郡、動物園飼育者
 ・「当日午前2時から、ニワトリが鳴き続けました。
  いつもは朝6時丁度に鳴くニワトリがです」                                    岡山県英田郡、男性

 

魚類の異常行動について (93件、5%)
 ・此処では、ナマズの話は有りますが省略します。
 ・海の魚は、集団行動し、コノシロが水が見えない程に岸辺に集まった。
  さらに、イワシやボラが大群をなして、川を遡上している。
 ・マダイが越冬地域の明石海峡、鳴門海峡、友が島海峡を出て、大阪沖や和歌山沖                     の浅場や、淡路島南岸、紀伊水道域へと大規模な忌避行動を起こしている。

 ・「昨年末の徳島県南部の海岸では、高級イカがいつもの11倍も獲れた」                徳島県板野郡、漁師
 

*実は、1946年12月の昭和南海道地震の前にスルメイカが異常な豊漁で、
  漁師仲間では今回の高級イカの豊漁を「地震が来るんと違うか」
  と話が出たとの事でした。 


  此処で小話をひとつ。

 スリランカ南東部のヤラ国立公園での話です。

 2004年12月のスマトラ島沖地震M9.0に伴う津波が国立公園を襲いました。 

 津波は沿岸から3kmまで公園内を大洪水にしました。
 

 同公園には、数百頭の野生のゾウやヒョウが生息しております。
 

 ですが、津波にやられたゾウはおろか、野ウサギの死骸も全く発見されていません。 

 「野生動物には、天災を感知する能力が有り、第六感で異変が起こる事を、
 

 知っていたに違いない」 と野生動物保護官がコメントしています。

 動物は、吾々よりはるかに賢いですね。


    最近の中国での地震予知は、退潮気味のようです。中国の永き文化に根ざした

 「現象論」的な地震予知は、最新の西洋科学に押しやられている様です。

 アメリカ帰りの地球物理学者が台頭しているのでしょう。

    これからの日本は、地震を予知する為に、一般市民の参加と協力により、

 「未科学を科学にする」 を合い言葉にして、今からスタートしましょう。

 アマチュアと云わず、ボランテェアと云わず全員参加の宏観前兆現象の観察を

 始めて下さい。広範囲の観測データが地震を予知する手掛かりになります。

  現在は少数の科学者が、手弁当で頑張っています。此処をコアとして徐々に

  輪が広がれば、良い結果が望めると確信しております。

 現代の社会においてのケータイが、あらゆる情報と素早い伝達が可能なのですから。


  核となる、インターネット情報(前兆現象報告受付)を記します。

  PISCO:(岡山理科大学・弘原海研究室)
              http://www.pisco.ous.ac.jp/

 静岡総合研究機構:防災情報
    http://www.e-quakes.pref.shizuoka.jp


 中舎重之   ホームページ: スーパーフレーム「やすらぎ」 にて検索

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

地震を予知する話 3 中舎 重之 - 建築家(2014/10/14 11:06)

赤ちゃんや乳幼児がいる家庭の、地震発生時の対処と備えは? 高荷 智也 - 備え・防災アドバイザー(2013/05/08 16:37)

災害時、必携!「帰宅困難対策」⑤外出時に使えるおススメ防災アプリ 松島 康生 - 危機管理/BCP/防災計画コンサルタント(2012/12/13 07:00)

自分の住んでいる真下が震源? 松島 康生 - 危機管理/BCP/防災計画コンサルタント(2012/11/06 02:01)

ハザードマップの落とし穴と正しい理解①(基礎~津波編) 松島 康生 - 危機管理/BCP/防災計画コンサルタント(2012/09/20 17:16)