名義を変えれば、贈与税の心配ナシ! - 遺産相続全般 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

名義を変えれば、贈与税の心配ナシ!

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺産相続全般
相続・贈与 贈与税
いつも楽しみに拝見しております。

前回(9月19日)の贈与税に関するコラムで、
保険は相談者の名義になっているということですが、
お答えにある「名義をかえるだけで、贈与税の心配はなくなりました」
というのは、何の名義を誰の名義にかえるのでしょうか? 

よくわからなかったので、
捕捉でもして頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。


 前回の相談内容を要約すると次のようになります。

 Q)母親から私(相談者)名義で掛けていた郵便局の保険が満期になったので
   そっくりそのまま受け取りました。贈与税はかかってくるのですよね?

 A)満期になる前に相談してくれれば良かったですね。
   名義をかえるだけで、贈与税の心配はなくなりました。

 前回の補足として、保険契約についての基礎知識を説明します。

 満期になるとお金が返ってくる保険契約には通常4人登場人物がいます。
今回は、掛け捨てではなく満期になるとお金が返ってくる保険(代表的には養老保険・年金保険)の
お話をします。

 例として養老保険の場合
契約者は夫、被保険者(保険対象者)は夫、保険受取人は妻、満期の受取人は夫。
この契約の意味は契約者は夫で、夫が死亡した場合に妻が保険金を受け取り、
夫が健在であれば満期のお金は夫がもらうというものです。
これが問題のないパターンです。

 理由は、「自分で支払ったお金を生きていれば自分でもらい、死亡した場合は妻がもらう(相続)」
ということになります。

 問題になるケースは、契約者と受取人が違う場合です。
これは、お金をタダであげた(贈与)になってしまいます(税金の対象)。
 そこで、ご質問の答えですが、
この契約者と受取人を同一人物に変えてくださいということです。

FP知恵の木では、「税金はどうなるのか?」など、相談を承っております。
お気軽にご連絡下さい。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!