戦略的IT活用を進める際の重要ポイント - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

戦略的IT活用を進める際の重要ポイント

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日は戦略的IT活用についてのお話です。

中堅・中小企業が企業変革を進めていく上で、ITが重要な役割を果たすことは少なくありません。

経営資源の制約の大きい中堅・中小企業が、例えば売上倍増、納期半減といった飛躍的な成果を手にするためには、ITという飛び道具を上手く活用することが有効であることは間違いありません。

その場合、経営の視点から全社最適を意識して、戦略的IT活用を進めていくわけですが、現場担当者への影響は様々です。

戦略的IT活用によりハッピーになる人もいる反面、戦略的IT活用を懐疑的に見る人、作業負担が増える人などもいたりします。

ですから、中堅・中小企業において、戦略的IT活用を進めていく際には、経営者自らが目的や狙い、効果などを関係者全員に説明することが重要となります。

戦略的IT活用を進めていく際には、こういった地道な啓もう活動やコミュニケーションが重要ポイントの一つとして挙げられます。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

IT企業の再編・統合(2016/11/02 08:11)