夏休みのおすすめ絵本10選 - 絵本制作 - 専門家プロファイル

すずき かずたか
YKクリエイションズ 代表
東京都
絵本作家・絵本作成出版代行者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:文章制作・編集

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夏休みのおすすめ絵本10選

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 文章制作・編集
  3. 絵本制作

もうすぐお子さんにとって楽しい夏休みです。

そこで今回は夏休みにお勧めの絵本10冊をご紹介したいと思います。



1.「365まいにちペンギン」

文/ジャン・リュック・フロマンタル  絵/ジョエル・ジョリベ  訳/石津ちひろ  発行 ブロンズ社

暑い夏に、動物園などで涼しそうに泳いでいるペンギンを見るとこちらまで涼しくなってきますよね。

ある日、ある家族のもとに差出人不明の荷物が届き、その中にはペンギンが入っていました。

その次の日も、そのまた次の日も、ペンギンは届きます。

こんな事をするのはいったい誰でしょう?

そして、ペンギンを毎日送り続けられるこの家族はどうするのでしょう?



2.「たこちゃん」

作・絵 たかべ せいいち  発行 さんこう社

夏休みの楽しみは何と言ってもプールですよね。

でも、もしもそのプールの中に巨大なタコがいたらどうなるでしょう?

ある日、本当に学校のプールに巨大なタコが現れます。

さあ、学校のみんなはどうするでしょう?



3.「あさになったのでまどをあけますよ」

作・絵 荒井良二  発行 偕成社

夏の朝はとても気持ちが良いものですよね。

この絵本は、窓から見える様々な場所の様々な朝の風景を紹介していて、読むととても爽やかな気分になれます。

お子さんにいろいろな朝を楽しませてあげてください。



4.「なつのあさ」

作・絵 谷内こうた  発行 至光社

この絵本も夏の朝を題材にした作品です。

おそらく作者の方が実際に体験した朝の情景をそのまま描き綴ったものではないかと思います。

読んでいると思わずその場にいて朝の清々しい空気を感じているかのような気持ちにさせてくれる絵本です。



5.「ガンバレ!!まけるな!!ナメクジくん」

作・絵 三輪一雄  発行 偕成社

夏の梅雨時になるとカタツムリやナメクジをよく見かけます。

カタツムリとナメクジは背中の貝殻以外はとてもよく似ていますが、カタツムリはみんなの人気者で、反対にナメクジはみんなの嫌われ者です。

カタツムリとナメクジはいったいどこが違うのでしょうか?

両者の違いを楽しく教えてくれる絵本です。



6.「ゆうれいとすいか」

作 くろだかおる  絵 せなけいこ  発行 ひかりのくに株式会社


幽霊とスイカ、どちらも夏の定番ですよね。

暑さに我慢できなくなった幽霊が、我慢できずに人間の冷やしていたスイカを食べてしまいます。

それをスイカの持ち主に見つかってしまったからたいへんです。

幽霊がお詫びに何でもすると約束するところからの、人間と幽霊のやり取りが何とも可笑しい絵本です。



7.「オバケやかたのひみつ」

作・絵 大島妙子  発行 偕成社


こちらもお化けを題材にした作品です。

マイケルがパパの部屋から黙って持って来てしまった家の模型が、夜になると明かりがついてお化け屋敷になっています。

でもこのお化けたちはちっとも怖くありません。

マイケルはお化けたちと一緒に楽しい夜を過ごします。

こんなお化けならお子さんも会いたいと思うんじゃないでしょうか?



8.「おかん」

作 平田昌広  絵 平田景  発行 大日本図書


夏休みになると、普段は学校に行っていて家にいないお子さんが、1日中家にいて鬱陶しいと思った事のあるお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

この絵本に出てくる少年も何かというと「おかん、おかん」と言ってお母さんにうるさく付きまといます。

お母さんもあまりのしつこさに「ええ加減にしいや」という気持ちなのですが、いつかそんな鬱陶しさが懐かしくなる日も来るのかもしれませんね。



9.「さかさまつり」

作・絵 つきおかゆみこ  発行 佼正出版社


夏といえば夏祭りもつきものです。

でもこのお話に出てくる夏祭りは普通のお祭りではありません。

何もかもがさかさまのお祭りなのです。

本当にこんなお祭りがあったらビックリしますが、年に1回くらい心の底からビックリするのも楽しいかも知れません。



10.「もりへいったすとーぶ」

作 神沢利子  絵 片山健  発行 ビリケン出版


このお話は、夏になって忘れ去られてしまったストーブが主人公です。

私たちも夏の間はストーブの事なんかすっかり忘れていますが、長い夏休みの間、ストーブはいったい何を考え、何をしているのでしょうか?

夏になって誰からも必要とされなくなったストーブが、自分を必要としてくれる場所を探して出かけます。

やがてストーブは森の中でその居場所を見つける事が出来ます。

もしもストーブや他のものに心があったら?などと考えるといろいろと楽しい想像の世界が広がりますね。



「夏休みのおすすめ絵本」を10冊紹介させて頂きました。

是非これらの絵本をお子さんとご一緒に読みながら、楽しい時間をお過ごしください。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

絵本「ごきぶりのぶりお」ご紹介 すずき かずたか - 絵本作家・絵本作成出版代行者(2014/07/17 05:47)

絵本「うなぎのゆうじょう」ご紹介 すずき かずたか - 絵本作家・絵本作成出版代行者(2014/07/15 21:20)

絵本「のんくんのぼうけん(ボケボケえほんシリーズ)」ご紹介 すずき かずたか - 絵本作家・絵本作成出版代行者(2014/07/11 11:02)

お子さんに読んであげてほしい絵本のご紹介【2】 すずき かずたか - 絵本作家・絵本作成出版代行者(2014/07/04 13:05)

お子さんに読んであげてほしい絵本のご紹介【1】 すずき かずたか - 絵本作家・絵本作成出版代行者(2014/07/03 16:14)