間違った毛穴の手入れ(スキンケア)を理解しましょう - スキンケア - 専門家プロファイル

日刊美容液新聞 編集長
岐阜県
スキンケアカウンセラー/美容液研究家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

間違った毛穴の手入れ(スキンケア)を理解しましょう

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. スキンケア
スキンケア 最新情報
スキンケアカウンセラーの松原です。
今日もお付き合いください。


カウンセリング中に必ず話題になるのが、毛穴の手入れです。

多くの女性は、毛穴に過敏に反応する傾向にあり、少しでも詰まったような感じになったら、すかさずパックやクレンジングで取り除く…

その理由の1つは、汚れや黒ずみ(角栓)を取ると、毛穴が引き締まるという間違った情報に踊らされている人が多いためです。

詰まったものを取り除いても毛穴は小さくなりません

毛穴の開きは、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの劣化・皮脂の影響が関わっており、耳アカを取っても耳の穴が小さくならないのと同じ。

つまり、詰まっているものが毛穴を開かせているわけではないということ。

逆に、毛穴の汚れや黒ずみを気にするあまり、毛穴パックや汚れを取るクレンジングなどを頻繁に行うと、刺激によって余計に広がってしまいます


また、「サウナや半身浴で汗をかいて肌の老廃物を出すと良い」みたいな美容法もありますが、これもウソに近いものがあります。

なぜなら、汗腺は毛穴(皮脂腺)とは別の穴なので、汗をかいても毛穴はキレイになりません。
耳の穴をキレイにしても、鼻の穴がキレイにならないのと同じことです。


昨日の繰り返しになりますが、毛穴ケアで重要なのは、毛穴そのものをターゲットにするよりも、毛穴の出口付近の角質を柔らかくすることです。

つまり、肌の水分量を向上させること(保湿対策)が、毛穴が最も喜ぶ要素です。

ピーリングや酵素洗顔料で厚くなった古い角質を落として、保湿化粧品をたっぷりつけます。

これを繰り返すことによって、毛穴付近の皮膚の柔軟性が増し、毛穴が詰まりにくくなるというわけ。

保湿化粧品を選ぶポイントは、油分の多い乳液やクリームはなるべく避け、オイルが少なめの美容液がベストです。


美しく歳を重ねたいと思われる人は、是非今後もこのコラムをご覧ください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(岐阜県 / スキンケアカウンセラー/美容液研究家)
日刊美容液新聞 編集長

徹底的に美肌を追求するスキンケアの専門家

長年に渡る独自の化粧品研究、スキル、経験、専門知識を元に、エビデンス(科学的根拠)が高いスキンケア法を常に模索しております。特に、美容液のリサーチには余念がありません。流行の波に偏らない、本物の情報を発信させていただくことをお約束致します。

カテゴリ 「スキンケア」のコラム

日刊美容液新聞創刊!(2015/01/22 13:01)

YAHOO!BEAUTY に記事が掲載!(2014/12/10 12:12)

このコラムに類似したコラム

毛穴の黒ずみ(角栓)には酵素洗顔料とピーリング 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/07/04 11:34)

「コラムlatte」に最新執筆記事【毛穴にまつわるウソ・ホント】が掲載! 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/10/26 12:00)

毛穴を引き締める方法 ~Yahoo! JAPAN 知恵袋(Q&A) 回答~ 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/07/27 12:00)

「コラムlatte」に最新執筆記事【毛穴の黒ずみ(角栓)ケア】が掲載されました。 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/07/25 12:00)

正しい毛穴の手入れ(スキンケア)で効果的なニキビ・黒ずみ(角栓)対策を! 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/07/05 10:42)