真っ青なトイレ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家
03-5701-0402
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

真っ青なトイレ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ホワイトベース
住宅設計を行なう際、トイレを2箇所を希望される方が多いし、御要望が無くても、2箇所計画した、プランを提出するのが、ほぼ常識となっています。

2箇所共、トイレとして、独立しているプランもありますが、私どもは、1箇所は独立したトイレとし、来客にも対応した場所に計画し、もう1箇所は、浴室につづく洗面室の一角に、扉では仕切らず、洗面室の中に便器を設置することが多い。

洗面室を広く感じさせること出来ることと、将来、介護が必要となった時に、活用しやすいメリットがあります。

最近の便器は、おしゃれで、機能的なので、洗面室で顔を洗っている時に、便器が見えても気にならないので、完全にオープンにする時もありますが、住む人の生活スタイルを配慮し、半個室の様な作りも提案しています。

ホワイトベースは、完全なるオープンでは、ありませんが、将来の介護に邪魔にならない程度に、便器を隠すための壁を立て、壁や天井の仕上げは、浴室から洗面室につづく仕上げと同じ、真っ青なガラスモザイクを使いました。

カーテンレールを取り付け、住む人の必要性に応じて、カーテンが下げられるよう、配慮しています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
Qull一級建築士事務所 

限られた条件を最大限活かす。普通なのにどこかかっこいい家を

ありふれた住宅の既成概念にとらわれず、奇をてらっているわけでもない。都会の限られた条件のなかでも、住む人の個性やライフスタイルを感じさせる。「どこかカッコイイ!」「なんだか気持ちいい!」そんなスタイルの提案をしています。

03-5701-0402
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ホワイトベース」のコラム

階段脇にガラスブロック(2009/02/20 19:02)