Amazon.com で自動処理について考える(1) - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

井上 みやび子
すぐ使える株式会社 代表取締役
東京都
Webエンジニア

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Amazon.com で自動処理について考える(1)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
徒然 IT 考
日本の Amazon.co.jp ではなく米国 Amazon.com で注文をした時、システム設計を考えされられる事がありました。

2日に1回発送遅延確認のメールが来る


私は 2008年2月19日 にある本を Amazon.com で注文しました。
おそらく自費出版に近いのでしょう。活字を一切使わず、著者の手書きメモをそのまま印刷した(でも厚さが 5cm 位ある)ちょっと変わった本でした。

当然 Amazon.com には在庫がなく、即日配送にはなりません。
それは予想していたことですが、翌2月20日から22日まで3回配送遅延の連絡があった後、2月26日に「your approval required(出荷の遅延を承認して下さい)」というメールが届きました。

多少遅れてもその本は欲しかったので、当然のように承認処理をしたのですが、その後も承認依頼メールは続き、結局 2008年4月23日のメールを最後にギブアップするまで、計15本の遅延承認依頼のメールが届きました。
そのうち10本は4月中、つまり2日に1回のペースで遅延承認依頼が来ていた事になります。

誰も悪くないんだけど...


実の所、この間1回「どうなっているのでしょうか?」という苦情の問い合わせをしましたが、「すみません、発注しておきました」の返事の翌々日にはまた遅延承認依頼のメールが届きました。

私としてはかなりイライラしたのですが、この場合だれも悪い事をしている訳ではありません。私は嫌ならいつでも Amazon.com での購入をキャンセルする事ができました。Amazon.com の責任は注文を受けた商品の発注をかけ入手したら客に発送するというだけです。発送まではカードへの課金もされないので、何の問題も無い筈です。そして Amazon.com は丁寧に1日おきに発送遅延の連絡を送ってきます。

次回に続く