風俗営業の許可とは - 企業の契約書・文章作成 - 専門家プロファイル

大江ありす行政書士事務所 
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

尾上 雅典
(行政書士)
小竹 広光
(行政書士)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

風俗営業の許可とは

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業の契約書・文章作成
飲食店・風俗営業許可申請
風俗営業、と言うと、性風俗(フーゾク)のことを思い浮かべる方が多いと思います。
ところが、法律では、風俗営業というと、キャバクラ、クラブ、麻雀屋、パチンコ屋などの営業をさし、フーゾクとは別のものなのです。

次のようなお店を始めるときは、風俗営業の許可が必要です。
許可とは、こういう営業をしたいのですがよろしいでしょうか、と警察署に申請し、審査を受けたあと、許された場合のみ営業できるという制度です。
(許可にならない場合、営業はできません)

風俗営業の種類
(1) キャバレー等(ホステスが接待をしてダンスもできる飲食店)
(2) バー、パブ、キャバクラ、料理店等(ホステス等が接待する飲食店)
(3) ナイトクラブ等(ダンスの出来る飲食店)
(4) ダンスホール(クラブ、ディスコなど単純にダンスができる店)
(5) 低照度飲食店(10ルクス以下の明るさで営業する飲食店)
(6) 区画席飲食店(壁等で区画した5?以下の複数の客席を設けて営業する飲食店)
(7) パチンコ屋、パチスロ屋、麻雀屋等
(8) ゲームセンター、ゲーム喫茶、カジノバー等


風俗営業の許可は、お店の住所を管轄する警察署に申請します。
許可取得には、お店の場所、店内の状態など非常に厳しい条件があります。
この条件をクリアした上で、申請書を作成し、警察署に許可の申請を行います。
許可の申請から取得までは、55日以内(東京都の場合)です。
無許可で営業した場合、罰則があります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(行政書士)
大江ありす行政書士事務所 

女性行政書士が、あなた目線で起業をサポートします

開業や許可に関する悩み、不安を解決します。法律、許認可、経営について幅広い知識を持つ行政書士の強みを生かし、お客様にとってベストなプランを作成し、実行するよう心がけています。まずはお気軽にご相談ください。女性行政書士がご相談に応じます。

カテゴリ 「飲食店・風俗営業許可申請」のコラム