飲食店の許可申請について(1) - 企業の契約書・文章作成 - 専門家プロファイル

大江ありす行政書士事務所 
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

飲食店の許可申請について(1)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業の契約書・文章作成
飲食店・風俗営業許可申請
1)飲食店の許可とは
レストラン、カフェなどの飲食店をはじめるには、保健所の許可が必要です。
●飲食店営業 → 一般食堂、そば屋、給食施設、レストラン、バー、カフェなど。
食品を調理し、又は設備を設けて客に飲食させる営業。
●喫茶店営業 → いわゆる喫茶店。酒類以外の飲物又は茶菓を客に飲食させる営業
かき氷の販売、ジュース等のコップ式自動販売機も対象。

2)飲食店の許可の条件
許可の条件の主なものは以下のとおりです。
具体的には最寄の保健所にご確認ください。

●調理場と客席が明確に仕切られていること。
 調理場の入口にドアがあること(ウエスタン式でもOK)。
●シンク(流し)が2槽以上あること。食器洗浄機は1槽とカウント。
●給湯設備がある(お湯が出る)こと。
●調理場に手洗(L5以上のサイズ)があり、洗浄液があること。
●食器棚に扉がついていること。
●調理場に温度計があること。
●冷蔵庫に温度計がついていること。
●ふた付きのゴミ箱があること。
●食品生成管理責任者がいること(講習を受ける)。
●貯水タンクの場合は水質検査に合格していること。
●トイレに手洗いがあり、洗浄液があること。

(つづく)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(行政書士)
大江ありす行政書士事務所 

女性行政書士が、あなた目線で起業をサポートします

開業や許可に関する悩み、不安を解決します。法律、許認可、経営について幅広い知識を持つ行政書士の強みを生かし、お客様にとってベストなプランを作成し、実行するよう心がけています。まずはお気軽にご相談ください。女性行政書士がご相談に応じます。

カテゴリ 「飲食店・風俗営業許可申請」のコラム

風俗営業の許可とは(2006/12/06 23:12)