無垢材は高いどころか、コストパフォーマンスが良い - 建築プロデュース - 専門家プロファイル

松岡在丸とハウジング・ワールド 
東京都
建築プロデューサー
03-5325-4470
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

無垢材は高いどころか、コストパフォーマンスが良い

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 建築プロデュース

コストが高いという思い込みで無垢材を避けようとする方がいらっしゃいますが、それは正しい考え方ではありません。

 

長持ちするのは無垢材

骨組みに手をなるべく掛けずに家を長く使おうと思ったら、やはり無垢材が良いため、メンテナンスで家を長持ちさせようとするならば、無垢材はコストパフォーマンスがピカイチと言えるものです。

材料にこだわれば建物の坪単価は上がりますが、それでも100年使える家を建てるために材木を無垢材にした場合でも、最低坪単価55万円ほどで建てることができます。

 

再利用が出来る材料

しかも無垢材は、再利用が出来ます。例えば床材は、傷ついたら削ればリユースが簡単です。一昔前のドイツ製の床材などは、釘を打つ代わりにメタルのバンドをはめて固定し、家を建て替える際にバンドを外して床材を再利用に出来るようになっているものもありました。

分厚い無垢材で床を作っておけば、100年経っても1ミリぐらい削れば新品同様になります。人工のフローリング材ではそうはいきませんね。

 

家はトータルでコストが決まりますので、無垢材にするから高くなる、というものではありません。それは何を得意な材料として使っているかという業者側の問題だったり、あるいは家を何年使うかという耐用年数の問題だったりするのです。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築プロデューサー)
松岡在丸とハウジング・ワールド 

平均年収の方でも建てられる100年住宅を

高級輸入住宅の敏腕営業担当として『ツーバイフォーの鬼』と呼ばれる営業成績を残しつつも、必ずしも家が大切に残されないことや幸せに直結しないことに疑問を抱き、独立後、十数回にも及ぶ欧米住宅研究旅行を実施。国産無垢材ティンバーの大空間を実現。

03-5325-4470
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

セミナー 家づくり勉強会

平均年収の方でも建てられる100年住宅

料金
無料

少子高齢化社会において土地ではなく建物に資産価値が求められる時代に突入した日本。これまでのような「30年で建て替える」新築住宅では、将来の不安はなくなりません。しかし長期優良住宅というのは決して安いものではありませんし、構造躯体そのものの耐久性はそもそも向上していません。平均年収の方でも失敗しない家づくりをして30年後、50年後にも高値がつけられる、そして家族に継ぐことができる住宅のつくり方をレクチャー

家づくり勉強会

このコラムに類似したコラム

必ず素足で確かめてみる(床材の選択) 加藤 幸彦 - 建築家(2012/03/28 11:00)

床タイル貼りのトイレ 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2016/11/14 23:40)

竣工しました 松永 隆文 - 建築家(2016/07/01 15:26)

引き渡しの前日 松永 隆文 - 建築家(2016/06/29 10:58)

足場が外されました!!! 松永 隆文 - 建築家(2016/06/17 08:21)