必ず素足で確かめてみる(床材の選択) - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

一級建築士事務所エス 代表
東京都
建築家
03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

必ず素足で確かめてみる(床材の選択)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅

加藤幸彦(エス)です。


インテリアの素材選びにおいて、いちばん重要なのは「床材」だと思います。

もちろん壁や天井、家具なども大切ですが、やはり「床」が大切。


僕の持論ですが、どんなにローコスト住宅でも、床材だけは出来うる範囲で最上の選択をするべきです。

それは、高級なものを選ぶべき..ということではありません。

気に入ったもの、自分たちが気持ちのいいものを、絶対に選択するべき..ということです。


それには、実際にサンプルを取り寄せて、実物を見てみるべきです。

そして靴下を脱いで素足になって直に踏んでみる。

人間の足の裏は、とても敏感な器官です。

目で見た以上の「何か」をきっと感じるでしょう。

その感触でピンとくるもの、ピンとこないもの、色々あることが分かるはずです。

意外と、高級じゃない素材でも、「コレだ!」と言えるものが見つかるかもしれません。


「空間の心地良さ」とは、

見た目だけではなくて、触覚、嗅覚、音..いろんな感覚によって複合的に成立する世界です。

とくに「敏感な足の裏」は、心地良さを大きく左右するのです。


(写真は、床材フローリング施工中の写真。大工さんたちも、床仕上の工事には一段と丁寧になっています。)


**************************

エスのWEBSITE(official)

http://www.sp-n.gr.jp/


**************************

加藤幸彦(エス)のブログ「OPEN-G日記」

http://www.open-g.net/weblog/





 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
一級建築士事務所エス 代表

テーマは「環境的居住空間」「小さな家」「リノベーション」。

建築の価値観が大きく転換しつつある今、社会的価値観とクライアントの個性を同時に重視し、「美しい空間デザイン」がどうあるべきかを常に問いながら設計活動をおこなっています。

03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 住宅ボリュームチェック!!家づくりを「間取り」からスタート!

【東京エリア・家づくり体験】どんな間取りをつくるのか?そこから始めましょう!

料金
10,000円

今年こそ始める「家づくり」。
このサービスでは、「間取り」をスタートポイントとした家づくりを建築家・加藤幸彦(エス)が支援します。
現在の生活のご様子、メンバー構成、将来の計画などを個別に診断したうえで「間取りスケッチ」を短時間で作成し、ご家族に必要な建物の「ボリューム=容量」をチェックします。

住宅ボリュームチェック!!家づくりを「間取り」からスタート!

このコラムに類似したコラム

フローリングによる居心地デザイン/広葉樹系(1) 加藤 幸彦 - 建築家(2012/04/02 11:48)

床タイル貼りのトイレ 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2016/11/14 23:40)

いろんな木目 松永 隆文 - 建築家(2014/09/08 10:52)

無垢材は高いどころか、コストパフォーマンスが良い 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2014/03/10 03:51)

内装材の選考基準 福味 健治 - 建築家(2013/03/28 09:02)