合意形成できないままに進める - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

岡本 興一
ウィジット株式会社 代表取締役
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

合意形成できないままに進める

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
中小企業のIT化 よくある失敗事例
IT化で本当に成功するには、ビジネスのプロセスの変更を伴います。
そのため、「現状は○○だが、IT化により、□□という具合に、プロセスを変更します。」ということを、関係者に通知し、調整を依頼し、合意を得る必要があります。

こうした合意形成なきままにプロジェクトを進めてしまうと、システムはできあがったが、現場が全く使わないということになるのです。

人間は変化を嫌う生き物です。
そのため、ビジネスプロセスの変化は、大きな変化ですから、現場は簡単にはOKを出しません。
「総論賛成、各論反対」となり、議論が止まることは珍しくありません。

その場合、常にプロジェクト開始時に確認した「目的」を全メンバーで確認して、目的達成のための手段として、やらねばならないことは何か?を見つめ直すのです。

また、経営トップが不退転の決意を示し、トップダウンで進めることも有効です。
とはいえ、強権発動だけではなく、納得感を醸成しながら進めることが、最も成果につながり易い活動になるでしょう


集客につながるホームページ
ネットとセキュリティ〜ウィジット株式会社
岡本興一