運用コストを予算化していない - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

岡本 興一
ウィジット株式会社 代表取締役
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

運用コストを予算化していない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
中小企業のIT化 よくある失敗事例
IT化を進める際、導入にかかる費用に目を奪われ、運用に必用となるコストを忘れているケースをみかけます。

たとえば、通信を利用したシステムの場合、通信コストをトータルで考えておく必用があります。
また、ソフトウェアを導入すれば、そのメンテナンスには費用が発生します。

特に、オーダーメードで作ったシステムの場合、自動アップデート等は行うことができません。

そもそも、システム単位で、セキュリティホールが存在しないか?をチェックする必用がありますし、チェックした後、修正必要箇所について調査も必用です。
さらに、修正を適用するためには、プログラム開発を行った上、修正プログラムを適用する手順書を作成し、実際にテストを行う必用があります。

こうしたコストは、開発に匹敵する金額が必用となるものなのです。

パッケージソフトであっても、不具合の改修、セキュリティ対策等によるアップデートは必須となりますから、金額は低くても、運用コストは発生するのです。


この様に、導入時点では必用なかったが、運用が始まると必用となる経費について、IT化を進める際には、必ず予算化をしておく必用があります。
また、そうした運用費用を含めた総投資金額を明らかにして、費用対効果を評価し、プロジェクト推進の可否を決定しなくてはならないのです。

集客につながるホームページ
ネットとセキュリティ〜ウィジット株式会社
岡本興一